Posted by at

2012年11月29日

Tomorrow is another day


ラグビーの九州でのリーグ戦が終わりました。
Our rugby season was over.


今シーズンは、ヨーロッパから帰ってきて出遅れた感がありましたが...
I got a late start to the rugby season this year after the long trip in Europe.


練習にも可能な限り参加して、少しは勘も戻ってきました。チームも順調に勝ちました。
I joined the trainings as much as possible, then my rugby intuition gradually came back. My team kept winning all the games until last Sunday.


でも、最終戦に負けた。ショックでした。油断からか?やはり勝負は厳しい。
However, we lost the last game of the competition. Shocking! Overconfidence? We realized that every game was tough.


もっとこのチームでラグビーしたかった。一から鍛え直そうと思います。もう1年、ラグビーすることにしました。このチームで勝ちたい!
I wish I could play more games with my team mates. I'll start training for the next season and will play rugby one more season. Passionate to win games with this team!

また、建築とラグビーの両立で頑張ります。明日は明日の風が吹く。
Once again, I'll try to be versed in letters and arms, architecture and rugby. Tomorrow is another day.  


Posted by Masakatsu Nishitani at 23:50Comments(0)

2012年11月14日

Nutz wood craft


本棚つくりました。パイン材を使用してます。切断はのこぎり一本、でも直線を垂直に切断するための補助器を使いました。
I made the bookshelf, using pine tree. I used a saw and one tool to cut timbers straight and vertical.


デスクはパイン材の平板を買ってきて、作業台用の脚に乗せただけです。引っ越しのときは分解します。
The desk, I bought the flat pine board, and just put it on the work bench legs. Disassemble those furniture when I move.


本を並べ終え、ついでにTV台もつくりました。仕上げはゴマ油をベースにした天然塗料「匠の塗油」を塗りました。どや!
I've finished to put books on the shelf, and made the TV rack too. As a last coating, painted sesame oil. How about that!  


Posted by Masakatsu Nishitani at 00:21Comments(0)

2012年11月10日

Remodel house


宗像市にて、平屋木造住宅のリノベーションをおこなっています。既に内外装は改装している住宅ですが、お客さんの要望に応じてより良い住宅に改良することになりました。特に殺風景なお庭を緑でいっぱいにし、拡張したリビングからそれらを見て楽しめるような住宅にしたいです。
We're doing the renovation of one-story wooden house in Munakata City. Renewal of its interior and exterior have been done already, but tying to improve design and to meet the demands of our client. Especially, I want to transform from its stark garden into full of green and enjoy the scenary from the expanded living room.


もともと畳の部屋でしたので、洋間と床の下地の高さが違います。床を解体中。
This room was Japanese-style room with tatami floor, so the floor level was different from living room. Now we once break up the floor, then making the same floor level as the living room.


和室の柱を引き抜いたので、屋根の荷重を支えるために元の桁の下へ補強桁をすけこみます。これを助梁(すけばり)といいます。
Pulled out an old pillar of the Japanese-style room. Attached another beam called as "Sukebari" below the old one to support roof weight without an old pillar.


元の風呂場はめっさ狭かったんです。元の壁があった場所の下に基礎がありますが、無くしても構造には問題ないのでハツリ作業中です。想像以上に重労働です。
The old bathroom was so small. There was the concrete basement under the wall we removed. Now removing the concrete without any structural problem. Harder work than expected.


窓も拡張します。
Expanding the window.


玄関土間を木製からコンクリートへ。 腕のいい左官さんがコテでならして仕上げています。
Smooth finish mortar floor of enterance. The master plasterer's doing his work.

To be continued ...  


Posted by Masakatsu Nishitani at 01:18Comments(0)

2012年11月08日

Golden Oldies


先週、ゴールデンオールディーズ・ワールドラグビーフェスティバル福岡に参加しました。世界各国から35歳以上のラガーマンが集うラグビーと国際交流の祭典です。これは、妥協を許さないような真剣勝負ではなく、友情を育み、フィールドの内外で仲間と一生忘れられないようなひとときを楽しむものです。
I took part in the " Golden Oldies World Rugby Festival Fukuoka". This Festival has gathered veteran players over 35 years old from around the world. This is not uncompromising competition but rather the means of cementing friendships and enjoying the company of some of life's most unforgettable characters on and off the field.


激しいプレーは控えめに、笑いながら楽しんでラグビーができました。あらためて何年も前に一緒にプレーしていた仲間とラグビーができるのが、本当に嬉しい。
We did not have intense performance of rugby, more enjoyable. The happiest moment was that playing rugby togerther with brothers in arms.


笑いながらラグビーできるて、なかなかないですよ。
We can hardly play rugby with a smile.


楽しかったぁ。そして試合の後に飲みに行く、これが一番楽しいんです。
I really enjoyed playing the game, we then went out for boozing. This was the another happiest moment.


対戦チームとの記念撮影。時々、本気で当たられてちょっと痛かったです。
No side, photographed all togerther. Someone seriously smashed me couple of times, had sore shoulder.  


Posted by Masakatsu Nishitani at 01:48Comments(0)