Posted by at

2010年02月23日

せつない歌の考察20

心理的に、落ち込んだ時に明るい歌を無理して聞くよりも、逆に心の状況に合わせたような曲を選んで聞く方がいいと聞いたことがあります。

今回、紹介するのは韓国のアーティスト、シン・スンフンの"I believe"。映画「猟奇的な彼女」のサントラでもありました。映画の中では、切ないシーンのところですごいタイミングでかかります。



韓国語は全然わからないので、意味はわかりません。でも、曲調からなんとなくわかるような気もします。しかし、シン・スンフンさん、歌うまい。しかも、この映画、名作ですよ。

いつまでも待っていたい時に聞いてください。

  


Posted by Masakatsu Nishitani at 22:00Comments(5)

2010年02月09日

せつない歌の考察19

ベット・ミドラー...ゴールデングローブ賞受賞女優でもあり、グラミー賞受賞歌手でもある、まさに歌って踊れるすごいおばちゃんです。彼女の主演した「ステラ」や「フォー・ザ・ボーイズ」はかなり泣かせてくれる感動する映画です。



心理的に、落ち込んだ時に明るい歌を無理して聞くよりも、逆に心の状況に合わせたような曲を選んで聞く方がいいと聞いたことがあります。せつない歌を思い浮かべて、せつないの代名詞のようなこの曲を忘れていました。 ベット・ミドラーの "The Rose" ...



夢が叶わぬものだと思ったとき、冷たい雪の下には種が横たわり、太陽を浴びて春には薔薇になると信じて聞いてください。  


Posted by Masakatsu Nishitani at 00:00Comments(4)

2010年01月31日

せつない歌の考察18

今まで、20年間ラグビーしてきて、一度も肉離れになったことがなかった。それはきっと、自分の筋肉のバランスがいいからだと思い込んでいた。肉離れなんか自分には縁のないものだと...

昨日、肉離れた...

せつない。心理的に、落ち込んだ時に明るい歌を無理して聞くよりも、逆に心の状況に合わせたような曲を選んで聞く方がいいと聞いたことがあります。こういう時にはこの曲を聞くのです。Izの"Somewhere over the rainbow"... 



ウクレレってこんなに切ない曲にもなるんや。  


Posted by Masakatsu Nishitani at 00:00Comments(2)

2010年01月25日

せつない歌の考察17

心理的に、落ち込んだ時に明るい歌を無理して聞くよりも、逆に心の状況に合わせたような曲を選んで聞く方がいいと聞いたことがあります。こういう時には、昔のいい映画を観るのも良いです。例えばオードリー・ヘップバーン主演の「ティファニーで朝食を」なんか。



映画の中で、オードリー演じるホリーが、ある曲をせつなくマドベーゼで歌うシーンがあります。Henry Mancini作曲の"Moon River"という曲です。いろんな歌い手さんがカバーしてる名曲です。



窓辺で好きな人を思い浮かべながら聞いて下さい。



ニューヨークの摩天楼が見たい...  


Posted by Masakatsu Nishitani at 00:00Comments(6)

2010年01月20日

せつない歌の考察16

心理的に、落ち込んだ時に明るい歌を無理して聞くよりも、逆に心の状況に合わせたような曲を選んで聞く方がいいと聞いたことがあります。今回、ご紹介するのはBilly Joelの"And so it goes"という曲です。



ピアノの弾き語りって胸にしみます。



好きな人との気持ちに距離ができたとき、でも、やはり一緒にいたいと願うときに聞いてください。  


Posted by Masakatsu Nishitani at 00:32Comments(2)

2010年01月17日

せつない歌の考察15

レンタル屋さんに行くと、「セツナソング」というCDがありました。絶対、僕の「せつない歌の考察」シリーズの方がせつないわって思いつつ、ちょっといいネーミングやなぁ思いました。今度、どれほどせつないか聞いてみよう。



心理的に、落ち込んだ時に明るい歌を無理して聞くよりも、逆に心の状況に合わせたような曲を選んで聞く方がいいと聞いたことがあります。今回、ご紹介するのは Bruce Springsteen の "Secret Garden" という曲です。





彼女の笑顔の裏側に、触れてはならない、触れられないものを感じたときに聞いてください...  


Posted by Masakatsu Nishitani at 23:24Comments(0)

2010年01月12日

せつない歌の考察14

心理的に、落ち込んだ時に明るい歌を無理して聞くよりも、逆に心の状況に合わせたような曲を選んで聞く方がいいと聞いたことがあります。

今回、紹介するのはAlicia Keysの"If I ain't got you"



あなたがいないなら、人生に何の意味もない...的な歌です。  


Posted by Masakatsu Nishitani at 00:01Comments(0)

2009年12月26日

せつない歌の考察13

山下達郎のクリスマス・イブのイントロが妙に応えます。切ないっす。

心理的に、落ち込んだ時に明るい歌を無理して聞くよりも、逆に心の状況に合わせたような曲を選んで聞く方がいいと聞いたことがあります。今回は、Simply Redの歌う"If you don't know me by now"です。この曲は、R&BグループのHarold Melvin & the Blue Notesのが原曲で、Simply Redがカバーしたんです。



好きな人に、自分の本心が伝わらないとき、伝えたいときに聞いて下さい。  


Posted by Masakatsu Nishitani at 00:01Comments(4)

2009年12月09日

かなりせつない歌の考察12

バート・バカラックという音楽家を知っていますか?作曲家、プロデューサー、シンガーソングライターでもあります。全米TOP40に70曲という実績があります。この曲もこの人の曲なん、この曲も...みたいな感じで、聞いたことあるいい曲の多くをこの人が作曲しています。



この曲は彼の代表作の一つ "What the world needs now is love" です。世界は愛を必要としているです。Jackie DeShannonが歌っています。



こちら、Sheryl Crowが歌ってます"One less bell to answer"という曲です。この歌も彼女が歌うとかなり切ない。好きな人が去っていったときに聞いて下さい。

バート・バカラック...素晴らしい音楽家です。

  


Posted by Masakatsu Nishitani at 20:10Comments(0)

2009年11月30日

かなり切ない歌の考察11

寒さが身に凍みます。身も心も寒いです。

心理的に、落ち込んだ時に明るい歌を無理して聞くよりも、逆に心の状況に合わせたような曲を選んで聞く方がいいと聞いたことがあります。



今回は、Fergie の "Big Girls Don't Cry" ...

もう大人だから泣きません。独りになって自分を見つめ直したいときに聞いてください。

  


Posted by Masakatsu Nishitani at 12:48Comments(0)

2009年11月19日

かなりせつない歌の考察10

先日は、僕のおかんの誕生日でした。母はもう亡くなりましたが、お花をプレゼントしました。生前はプレゼントなんかほとんどしたことないので、毎年後悔してしまいます。



The Spinnersの"Sadie"という曲は母を想う歌です。



かぁちゃんが恋しくなった時に聞いて下さい。


  


Posted by Masakatsu Nishitani at 22:26Comments(6)

2009年11月05日

せつない歌の考察9

心理的に、落ち込んだ時に明るい歌を無理して聞くよりも、逆に心の状況に合わせたような曲を選んで聞く方がいいと聞いたことがあります。The X Factorというイギリスのオーディション番組があり、そこで奥さんを亡くしたことをきっかけにオーディションに応募したDanny Evansという人が歌った歌。



これ、やばいです。  


Posted by Masakatsu Nishitani at 13:22Comments(0)

2009年09月11日

かなりせつない歌の考察8

また、人生に疲れました。

心理的に、落ち込んだ時に明るい歌を無理して聞くよりも、逆に心の状況に合わせたような曲を選んで聞く方がいいと聞いたことがあります。



今回は、Trisha yearwoodの"How do I live"。



あなたなしで、どうやって生きていけばいいの?

どうやって生きていけばいいかわからなくなった時に聴いて下さい。  


Posted by Masakatsu Nishitani at 23:34Comments(7)

2009年08月30日

かなりせつない歌の考察7

せつないです。人生に疲れました。

心理的に落ち込んだ時に明るい歌を無理して聞くよりも、逆に心の状況に合わせたような曲を選んで聞く方がいいと聞いたことがあります。ガラスのハートをもつ体育会系は、せつない曲を研究するのを日課としています。



絢香の「今夜も星に抱かれて」。入りからかなりせつないです。「スカイ・クロラ」という映画の主題歌でした。



星を見ているときに聞いて下さい。こんなせつない歌ないです。  


Posted by Masakatsu Nishitani at 00:56Comments(2)

2009年08月21日

かなりせつない歌の考察6

せつない歌を日々考察しています。心理学的に落ち込んだ時に明るい歌を無理して聞くよりも、逆に心の状況に合わせたような曲を選んで聞く方がいいと聞いたことがあります。

R&Bの歌い手 Brian McKnight ...



"6-8-12"という曲です。



彼女が去って6ヶ月と8日と12時間...そんな切ない歌です。

どこか遠くへ行っちゃった誰かを思い偲ぶときに聞いて下さい。  


Posted by Masakatsu Nishitani at 00:03Comments(0)

2009年08月04日

かなりせつない歌の考察5

毎日、仕事に追われる日々。空しいです。



今回のアーティストは"TOTO"、曲は"I'll be over you"。



"心が傷つかなくなったらすぐにでも
考えることを やめるようになったら
永遠にも思える時が 過ぎていったら
僕は君を 乗り越えられるだろう "

と歌っています。せつない...

空しい気持ちを乗り越えていこうと思うとき、
失恋を乗り越えようとしているときに聞いて下さい。

  


Posted by Masakatsu Nishitani at 23:12Comments(6)

2009年07月30日

かなりせつない歌の考察4

かなりせつない歌です。子ネズミが歌い出し。



アメリカ物語という映画の主題歌で、ロシアから猫のいない自由な国を夢見て、ネズミの一家が移民。その旅の途中で、嵐により末っ子のファベイルがはぐれて迷子になるが、家族を探し求めて成長していくというストーリーです。映画もめっちゃ面白いです。家族を想って月の下でファベイルが歌う歌。一休さんも母上さまを想って歌うときは月の下です。家族を想って歌う歌は月の下が相場と決まっています。遠い誰かを想うときに聞いてください。

  


Posted by Masakatsu Nishitani at 00:16Comments(2)

2009年07月25日

せつない歌の考察3

せつない歌を日々考察しています。心理学的に落ち込んだ時に明るい歌を無理して聞くよりも、逆に心の状況に合わせたような曲を選んで聞く方がいいと聞いたことがあります。ガラスのハートをもつ体育会系は、せつない曲を考えるのを日課としています。



今回、紹介するのはPhil Collinsの"One more night"。相当せつないです。「せめてもう一夜だけ...」って繰り返してるんです。ふられたんでしょう。切ない。曲の終盤にサックスのソロがあるんですけど、心の叫びを表現するような音色です。叶わぬ恋に落ちたときは聞いてください。
  


Posted by Masakatsu Nishitani at 23:15Comments(4)

2009年07月17日

せつない歌の考察2

せつない歌を日々考察しています。心理学的に落ち込んだ時に明るい歌を無理して聞くよりも、逆に心の状況に合わせたような曲を選んで聞く方がいいと聞いたことがあります。

今回、紹介するのは歌姫Cyndi Lauper。



彼女の曲、"Time after time"...切ない。



time aftr timeとは何度も何度もという意味ですが、ここでは「あなたが落ちていっても、私が受け止める、私は待っている、何度も何度でも(何時でも何処でも)」こんな感じです。


  


Posted by Masakatsu Nishitani at 23:59Comments(0)

2009年07月15日

せつない歌の考察

せつない歌を日々考察しています。心理学的に落ち込んだ時に明るい歌を無理して聞くよりも、逆に心の状況に合わせたような曲を選んで聞く方がいいと聞いたことがあります。

今回、ご紹介するのは、Bonnie Raitt



曲は、"I can't make you love me"



せつない...好きな人の、自分への想いがなくなったと感じたときに聞いて下さい。



  


Posted by Masakatsu Nishitani at 20:24Comments(0)