Posted by at

2012年05月31日

難攻不落の街 Valletta


シシリアのカターニャからバスで3時間。シシリア南端のポッツァーロという港街に来ました。静かな港街です。ここからフェリーに乗ってマルタ共和国に移動。しかし、あまりシシリアからマルタに行く人がいないのか、便数が全然なくて困った。その日は夜中にマルタのバレッタという街に到着。
In Sicilia, took a bus for 3 hours from Catania to a peaceful seaport town of Pozzallo. Changed to the ferry to Malta Republic. Not many ferries to the island, so I wondered Sicilians do not go to Malta. I arrived at the port of Malta in the middle of the night.

Photo 1 - 2012-06-01
ホテルで目が覚めて、下に降りてくとビックリ。こんな景色が見れました。バレッタはその昔、オスマントルコ軍の大包囲の経験から、難攻不落の都市となるよう設計されたそうです。ここも城壁に囲まれています。マルタの首都でもあります。ちなみにマルチーズ犬はこの国が発祥だそうです。
Woke up next day and went downstairs to the breakfast, I then realized that I could see such a beautiful scenery from the hotel. Once upon a time, this town was surrounded by Osman, after that it was designed to be impregnable fortress. This is the capital of Malta, which is the motherland of Maltese dog.


これがバレッタの街並み。手前のおっちゃんがおっちゃんの腹触って、「妊娠してんのか?」って言われてる感じです。
The street of Valletta. The two old men were talking and touching the guy's huge belly. He might be asking "Are you pregnant?".


聖ヨハネ大聖堂です。茶色がかった石の表情が素晴らしい。
St John's Co-Cathedral, Brownish surface of white stone walls are beautiful.


大きな鐘がありました。左側に見えるアーチ状の柱があるのは屋外レストランにもなっていて「Moon River」が流れていました。こんなん、惚れてまうやろー。ほんといい曲です。この街の雰囲気にぴったりです。恋人たちの街角ですね。
There is a big bell and an arched pillars building on the left is a restaurant, I could hear Henry Mancini's "Moon River". I almost fell in love someone, but no one beside me. Oh, dream maker, you heart breaker... This is the lovers town.


夜景も素晴らしい。
Night view's awesome.


アッパーバラッカガーデンというところで、対岸の街と港が一望できます。アーチ状の柱に上手いこと照明を照らしてお見事です。
This is the Upper Barracca Gardens, you can see whole towns and ruins accross the river. Another atomospheric lighting on the arched pillars.


この島はマルチーズ発祥の地なのに猫ばっかいます。夜の路地裏に猫、調和してますね。
Motherland of Maltese dog, but cats are everywhere. Good harmony of back alley and cats.  


Posted by Masakatsu Nishitani at 17:17Comments(2)

2012年05月29日

初ひったくり Pickpoket


マリア様、生まれて初めてひったくりに会いました。が、何も取られませんでした。ありがとうございます。原チャリが右折しようとしてきて、お先にどうぞと道を譲ってくれたと思いきや、背後からバッグに手を掛けられ、持って行かれそうになりました。幸いバッグは身体に巻きつけるタイプだったので、ひったくりも諦めて逃げて行きました。咄嗟に「Fxxxxxck!」って叫んだのが後で恥ずかしかった。何で英語やねん。イタリアやし。「待て、こらぁ!」って大阪弁の方がまだよかった。しかし、自分みたいなずんぐりむっくりにまさか仕掛けてくるとは思いませんでした。やっぱ警戒しとかんといかんですね。後、夜に人通りの少ないところを歩いてたのもあきません。アイツ、今度会ったらバイクから引き摺り下ろす!
Ave Maria, full of grace, I almost had the first time pickpocket, but wasn't taken anything. One scooter tried to turn right, its driver gave way to me, and suddenly he tried to take my bag. Fortunately, I winded my bag on my body, so he gave up and ran away. I instantly shouted him "Fxxxxxck!", but I realized that was so embarrassing later. Why English, not Italian? Poor vocabulary! It was better to say "Mate, Korrrrra!" in Osaka accent. I thought I'd never been a target by pickpockets because of my stumpy physique, but actually it happened. I should not let my guard down. Shouldn't have been walking an empty street late at night. Next time when I see him, I'll throw him down!


藤の花の色した綺麗な木がありました。こんなん初めて見ました。シシリア第2の街、カターニアです。
I saw some light purple trees like wisteria. I've never seen such a colored tree. This is the second biggest city in Sicilia, Catania.


ベッリーニ劇場です。茶色い石の表情が印象的。ベッリーニという19世紀の有名な音楽家が生まれた地だそうです。10月頃からオペラやバレエが上演されるそうです。
I was impressed the brown color of stone building, The Bellini Theatre. I've heard this is the place world famous musician, Bellini was born. Ballet and opera are performed from October.


大聖堂です。この周辺はバロック様式の建築が建ち並んでいます。
The Cathedral, baroque buildings stand in a row around the square.


教会はやっぱ凄い。先の神様のいる円筒箇所だけが神々しく黄色い光りに包まれています。黄色いステンドグラスと、金色の壁画装飾で、その部分だけに金色に演出している。
Churches are great all the time. Only the cylinder part of this church, where god exists, is surrounded by the gold decoration and the light through the yellow stained glass. Great example of the stage effects.


教会のこの部分は何処を見ても飽きません。多様で神々しい光を取り入れるよう工夫されている。
I never be tired of seeing this part of church. They are various, and designed to take the light into buildings.


シシリア島には素朴な島のイメージがありましたが、パレルモやカターニャは都会です。僕は、タオルミーナ、ラグーサ、特にパラッツォ・アドリアーノのような静かで素朴な街の方が好きです。次はマルタへ向かいます。相変わらず就職活動は連戦連敗です。
I had an primitive and homely images of this island, but those cities, Palermo and Catania are so big. I prefer Small peaceful towns, Tarmina, Ragusa, and especially Pallazzo Adriano. I'm heading to Malta today, my job husting's still losing in a row.



  


Posted by Masakatsu Nishitani at 00:01Comments(6)

2012年05月28日

Nuovo Cinema Paradiso


ゴッドファーザーのパレルモからバスに乗ること3時間。パラッツォ・アドリアーノという田舎町に来ました。ここは観光地ではなく、ほんとのシシリアの田舎町です。宿もインターネットでやっとこさ一軒見つけました。とてものどかな街で、僕はローマやフィレンツェよりも、ここの方が好きです。
From Godfather's Palermo, took a bus for 3 hours to the south, I had a car sick. Palazzo Adriano, countryside of Sicilia. Not a tourist place. I could find only one hotel at website. I prefer this peaceful village to Rome or Florence.


ここは映画「ニュー・シネマ・パラダイス」の舞台となったところです。よっぽどの映画好きやないと、人は来ないみたいですね。
The scene of the movie "Nuovo Cinema Paradiso" is on the village. Only a filmgoer visit this place.


上の写真にもある映写技師アルフレードの乗ってた自転車です。ニュー・シネマ・パラダイスの小さな博物館があるんです。ガイドさんがイタリア語で丁寧に説明してくれました。全然、わかりませんでしたけど、気持ちは伝わりました。あかん、また観光してるって言われる。建築見ないかん。
This is the bike Alfredo took a ride in the movie. There's a small museum of "Nuevo Cinema Paradiso", the guide closely explained about the exhibition in Italian. I totally didn't understand what she talked about, but I could imagine
that, because I watched that movie so many times. Shit! Someone would say "Are you going to Europe for sightseeing?". Nope!


細かい石畳が素敵なウンベルト1世広場です。広場の噴水は1607年に造られたもので、それからずっと水は枯れることもなく、街の人々の喉を潤してきました。僕は胃腸弱いんですけど、こっちの硬水は全然大丈夫なようです。人口は3,000人くらいで、宿のにーちゃんは街の人、全員知ってる言うてました。
Piazza UmbertoⅠ, beautiful pavement squre. The small fountain was built in 1607, since then it has slaked local people's thirst with pure water. I have a weak digestion, but hard warter in Europe is no problem for me. The population in the village is about 3,000, and a young fellow in hotel said he knew everyone in this village.


1532年に建てられたサンティッシマ・マリア・アッスンタ教会。この教会はカトリックではなく、ギリシャ正教だそうで、カトリック教会とは少し異なった景観をしています。だからこの広場の向いにはもう一つ、ルーメの聖母マリア教会というバロック様式の教会があるんです。カトリック教会なんでしょう。
Church of SS. Assunta, built in 1532, is not the Catholic Church, but Greek Orthodox Church, its exterior is different from Catholics. There's another baroque church, Church of SS. del Lume. That's why this squre has two churches face to face in the squre.


ここはカルミネ教会という、映画の中でパラダイス座の内部として撮影されていた場所です。おばちゃんが綺麗な花を生けてました。ネットで見学不可とありましたが、おばちゃんからOKもらいましたよ。
This is the Church of SM. del Carmine, inside of the church was used as Cinema paradiso. Senioritas put some beautiful flowers, and they said it's OK to come in. On the website, it says impossible to see though.


夕暮れどきにはこんなにロマンチックになります。ここも照明が上手で、すごく雰囲気がいいです。だいたい観光地って期待膨らませ過ぎて、実物見てそないに感動せんのですけど、ここは本当に想像以上に素晴らしい街でした。
It's so romantic around sunset. They are also really good at using atmospheric lighting. Before you travel, you expand your imagination too much, then realize reality is not so, but this place is more than I expected.


これ、この映画の大好きなワンシーンで、パラダイス座に入りきれなかった人の為に、アルフレードが気を効かせて、外の建物に映画を写し出すシーンなんです。
This is one of the most favorite scenes in this movie that Alfredo reflects the movie on someone's house wall for the people who couldn't get in the theatre.


実際の建物がこれなんすよ。僕も自分が将来、設計したお店でこれをするのが夢です。ちなみにパラダイス座は映画用に造られたセットで、撮影後は壊されてなくなっています。
This is the same shot of the same wall. One day I will design the same thing for restaurants or bars. By the way, Cinema paradiso was the set of movie, removed after the movie.


パラッツォ・アドリアーノの夜が更けていきます。あかん、完全にただの映画好きの観光ブログやん。
It's getting dark at night of Palazzo Adriano. Shit! This is completely the blog of sightseeing by filmgoer.    


Posted by Masakatsu Nishitani at 00:01Comments(2)

2012年05月27日

Godfather ゴッドファーザーの街


シラクーサのバス停に行く途中、教会がありました。街の教会も普通にすごい。昨日、あった建築士のマルコさんもこういった伝統建築の修復に携わっているようです。
On the way to bus station in Ragusa, I saw a big church. One of the church here is also brilliant for me. The architect I met here, Marco was in charge of renovation for the traditional buildings.


バスでシラクーサから、シチリア最大の街であり、玄関口でもあるパレルモという街へ移動。パレルモはキリスト教文化とイスラム教文化が溶け合った場所ということで楽しみです。シシリアは電車はあるにはあるんですが、バスの方が便利がよくて早いようです。
Took a bus from Ragusa to Palermo via Catania. Palermo is the biggest and gateway city in Sicilia, having a culture combinding Christianity and Islam. The most convenient transportation in Sicilia is by bus, not a train.


ポリテアーマ劇場です。円形の威厳のある劇場で、入口上の彫刻が躍動的ですごい。この日はオーケストラがあったようでしたが、スーツじゃないと入れない雰囲気でした。
Politeama Garibaldi, a dignified and round theatre, the above the enterance, sculptures shows dynamic movements. There was an orchestral concert, it seemed that only people wearing a suit could get in.


マッシモ劇場です。ちょうどこの日は音楽祭で、なんと本場のオペラを聞くことができました。僕もオペラ歌いますが、こらかなわんなといった感じです。すごかった。ところで、ここは映画「ゴッドファーザーⅢ」が撮影された場所でもあります。シシリアはマフィア発祥の地と聞いていましたので、宿のおじさんに聞いてみたところ、「シシリアにはもうお金がないからいないよ。」と言っていました。
Teatro Massimo, that day had a music fastival, so fortunately I could see the real opera. Their opera is totally not like what I do. I just can't comopare with theirs. Tremendous! The last scene of "The Godfather Part III" was taken in this theatre. I asked one Sicilian at my hostel about the Mafia, cause this place is origin, but he said "There're gone where the money is. Sicilia does not have money."


シシリア人はシシリア人であることにプライドを持っているようです。イタリア人とは言わない方がいいのみたいですね。しかし、この街、うるさいんすよ。プッププップ車から。この日は特に街の音楽祭ということもあり、外は遅くまで賑わっていました。
Sicilian people are proud of themselves. I should say "Sicilian" instead of "Italian" to them. However, this city's so noisy. I became annoyed when the cars beeping. Enough! The city was crowded with hundreds of people till late at night because of the music festival.
  


Posted by Masakatsu Nishitani at 00:01Comments(0)

2012年05月26日

天空の街 Ragusa

イタリアの歯ブラシ、デカい。ブラシが日本の2倍はあります。こんなんで絶対親知らず磨かれへん。イタリア人、間違いなく親知らず虫歯なはず。小さな歯ブラシ探さんと、でも売ってません。
I bought an Italian toothbrush which is twice as big as a Japanese one.  No one can brush a wisdom tooth with such a huge brush,  Italian must have a decayed wisdom tooth.  I gotta find a small toothbrush, but can't find it.


タオルミーナからバスに乗ること数時間、一度、カターニャで乗り換えて、ラグーサという街に来ました。古い石造建築の集落が丘の上にポツンとあります。天空の城みたいです。最近、赤いやねばっかり見てたんですが、ここは黄色がかってました。地元で取れる瓦の原料の土の違いからくるそうです。
Took a bus from Taormina, changed at Catania to Ragusa.  There's an old town on the hill like a castle in the sky.  Recently, I only saw a red roof in south Europe, but here's a yellowish due to the color of the local earth.


最近、街並みは夜8時の日暮れどきに見て回るようにしてます。やっぱヨーロッパは街の照明の演出が素晴らしいんです。すごく勉強になります。ここに日本みたいな明る過ぎる照明付けたら台無しです。
I recently looked around the town at the time of sunset around 8pm. People in Europe are really good at producing atmospheric lights. In case we use the Japanese city lighting here, the town would lose romantic atmosphere.


石って金属や樹脂のように光をうるさく反射しません。光を吸収して柔らかくします。
Stones softly reflex the light. Not like metals or plastics.


職人っぽいおじいさんに魅かれてジェラート屋さんに立ち寄りました。シシリアワインの入ったジェラートを試食させてもらって、全部美味かったんでミックスで注文。
I was attracted the uncle who looked like dealing with gelato for 40 years. I tested some gelato including Sicilian wine, and ordered evrything which I tasted, I mean mixed.


ここでは、地元の建築士のマルコさんと会うことができました。積石造建築について、その耐震強度を高める工夫などについて話を聞けました。頻度は少ないものの、地震はあるようです。石もできるだけ重量の軽いものを使用しているようです。
I met the local architect in Ragusa, and had some conversations. He taught me about masonry structure and how they take preventive mesures against earthquake. They actually have earthquake, not frequently though. They try to use light weight of stones for the building.


ラグーサの夜が更けていきます。ここもいい雰囲気の街です。
It's getting dark, this town's also romantic.

  


Posted by Masakatsu Nishitani at 00:01Comments(4)

2012年05月25日

La Grand Bleu タオルミーナ


フェリー誰もおらへん。アマルフィからソレント経由で一度、ナポリに戻りまして、そこから電車、フェリーと乗り継ぎ、シシリアのメッシーナまで来ました。メッシーナに夜中前に着いてそのまま電車で乗り継げるのかと思ったら、朝までなし。しまった。ほとんどのホテルが閉まってて、酒場のにいちゃん達にヒューヒュー言われてめっちゃ怖いし、泣きそうになってたら一軒灯りが。なんとか野宿は免れました。
Only I was only a person on the ferry. I got back to Naples from Amalfi, changed to train and ferry, and arrived in Messina about 11pm. I though I could change next train, but there was no train till the mornig. Shiiiiittttt! Most of the hotels were already closed, the young fellows whistled to me, I was so scared and almost crying, but finally found one brightest light from the hotel. I didn't need to stay in the station during the night.


朝起きて、電車にのってタオルミーナへ到着。この街は映画「グランブルー」の舞台になった街です。紀元前3世紀のテアトロ・グレコ劇場の向こうにはエトナ山。この温暖な地中海の山の上に雪が積もっているという絵が素晴らしく絶景です。
I woke up early in the morning and took a train to Taormina. The scene of "La Grand bleu" is set in Taormina. The view from Teatro Greco built in BC 300 is marvelous, you can see the Mt. Etna, the Mediterranean volcano with snow on top.


街の中心地にある4月9日広場とバロック様式のサン・ジョゼッペ教会です。これまた背後に断崖絶壁の山があって絵になるんすよね。
Baroque in Piazza IX Aprile. Another bluff behind the church which is a picturesque view.

入口までのアプローチの庭園が素晴らしいホテル。泊まらんと中見せてもらえないんすよねー。でも、セレブみたいな人ばっかりだったんで、厚かましく頼み込む根性もなく、アプローチの写真だけ撮って逃げるように通り過ぎて行きました。
The approach to the hotel entrance has the beautiful garden. I was not staying at the hotel, so couldn't see interiors. I felt all customers were like celebrities, couldn't aggressively ask them to take a photo because I was luck of guts, only took one shot and ran away.


美しい小島、イゾラ・ベッラです。
Beautiful small island, Izola Bella.


これが人間の一番幸せな姿。
This is the happiest moment of human beings.


トレーニングとして丘の上までトレーニングとして駆け上がりました。山頂には小さな教会があります。日本の街の照明と比べると、それほど明るくなく、逆に暗いと感じる人もいるかもしれませんが、間接照明や赤みを帯びた色温度の低い照明を使用し、教会や噴水なんかもライトアップします。これほんま学ばないかん!だからヨーロッパの街の夜ってロマンチックやねん。音楽まで流れて、ほんま恋人たちの街角ですわ。
I ran up the hill as a training to the church on top. Comparing to the Japanese night lights, this place is not too bright but using indirect and atmospheric lighting, and illuminating churches and fountains at night. We have to learn it! European towns have an air of romance. Someone played music, this is a lovers town.


マリア様、微笑んでくれてはるんですか?もう国に帰っていいですか?
Ave maria, full of grace, why are you smiling at me, can I go home?


タオルミーナの夜が更けていきます。
It's getting dark at night of Taormina.
  


Posted by Masakatsu Nishitani at 00:01Comments(0)

2012年05月24日

Amalfi 傾斜地のパステル建築


ポンペイから電車に乗ってソレントへ、バスに乗り換えてアマルフィへ移動。バスに乗るときは右側の席へと聞いてましたので言うとおりに。右側に座ると海岸線側になるらしいんです。写真はアマルフィからポジターノへ移動したときのものなので、左側に座ってます。アマルフィ海岸の街のひとつ、ポジターノが見えてきました。
Took a local train to Sorrento, then changed to a bus. You should take the right side of the bus seats from Sorrento, if you want to see the sea. Positano was appearing.


自分がよく写真で見てた街は、ポジターノでした。アマルフィという街はもちょっと小さな街です。ここもギリシャのような傾斜地にパステルカラーの建物が並んでいます。自分が思ってたイメージよりもちょっと小さな街でした。
The photo, I often saw before I came here, was Positano. I thought this place was Amalfi. Smaller than I expected. Pastel colored houses on the slope, which is like Kyclades.


地中海沿岸の観光地の街並みの共通点が見えてきました。傾斜地の石造建築、青い海と断崖絶壁の山。
I can see lots of something in common in tourist places along the Mediterranean. Old stone buildings, slope, blue sea, bluff and you name it.


この傾斜地のパステルカラーの建物と地中海ブルーのコントラストは可愛いです。
What a contrast between pastel and bule colors they are.


絵かきのおじさんがいました。こういうおじさんが似合う街です。
The uncle, artist suites the town.


アマルフィに戻って朝からトレーニングとして2時間ほど山登り。ここは傾斜地一面にレモン畑が。パーゴラにレモンの木這わせて緑のレモン屋根ができてました。レモンでもいけるんや。ぶどうは枯れるけど、レモンは常緑樹なんでこれはいいですね。
Went back to Amalfi, and climbed up the mountain as my training for two hours. The slopes were covered with Lemon trees which had crept up the pergola. Not like grapes, lemon tree is evergreen so lemon pergola is a good idea.


この山登りはロンドンから来たアンドリューと同行。Amazonグループへの就職が決まって、入社前のイタリア旅行。羨ましい。まだ、25歳やのにしっかりして精神年齢は絶対俺より歳上。
I was trekking with Andrew from London, got a new job already for a big company, traveling Italy. Envy him. Still 25 years of age, but a calm, stable person, his mental age is much elder than I.


マリア様、最近道中でいい出会いがあります。望みを叶えて下さり、ありがとうございました。
Ave Maria, full of grace. Thank you for your mercy, you're giving me a good encounter.


アマルフィの大聖堂です。デザインはアラブ風でこの辺にしてはちょっと変わっています。スペイン南部でこんな建築をよく目にします。
Duomo in Amalfi, its design's like Arabian, not like others near here. I can see those kind of design in south Spain.


傾斜地の掘削工事を見かけました。壁面にはコンクリート打設。一部吹き付けのような跡がありました。岩山だからできるんだけど、日本ではこんなに削ると地盤と地下水系のことを考えんといけません。
Construction site of excavating slope. Putting concrete on the wall, some parts had a shotcrete. Could be not a problem for stone slopes, but we got to concern about the ground and groundwater zone.   


Posted by Masakatsu Nishitani at 00:01Comments(0)

2012年05月22日

古都の記憶 Memory of ancient city


ナポリから遅っい落書きだらけのローカル電車に乗ってポンペイへ。めっちゃ天気悪いし、雨振るとさぶいっす。風邪ひきました。
I took a local train with the graffiti, which is really slow, always not on time, to Pompei. I caught a cold because of the chilly rainy weather.


ポンペイに訪問する予定はなかったんですが、ナポリであった日本人の方に建築をしているなら、と薦められ行くことにしました。ご存知のとおり、紀元後79年、写真奥のヴェスヴィオ火山の噴火により一瞬にして街が消えたところです。山の形状を見ると火口付近が吹っ飛んだような形をしています。火砕流の速度が時速100kmといいますから、到底逃げようもないですよね。
I didn't suppose to visit Pompei, but one guy recommended me to visit for learnig acient city planning. As you know, this city was buried and disappeared in a matter of seconds in the eruption of Mt. Vesuvius in AD79. The shape of the volcano's like blowing off the top. I've heard the velocity of pyroclastic flow was 100km per hour, you can't escape from it.


火山近辺の土地特有の多孔質鉱石が建物のブロックに見られます。
I could see the porus stone brick, particulary from volcanic area.


道路には段差があり、ガイドの盗み聞きによると、これは道路が水路も兼ねていたからだそうです。飛び石も至るところに見られます。何がすごいかって、日本で言うところの弥生時代、稲作や高床式倉庫と同じ時代にこんな都市計画がなされていたことです。
There is a step height between sidewalks and roads. According to the guide, eavesdropping on her explanation, those roads also used as waterways. That's why you can see steppingstones here on the road. Incredibly, great city planning had been done at the same time as we started rice farming and building high platform storehouse in our "Yayoi Period".


ここでは珍しくブロックを斜めに積み上げた壁が見られました。同じような区画、プランで市民の建物が軒を連ねていたことがわかります。
It is rare to see slantingly piling the stones on the wall. The streets were lined with the houses with the same block and same plan. They shoud have been ordinary citizen's.


風呂?ガイドさんがいないと辛いですね。予習しておくべきでした。街の中には宮殿のような、中庭や壁画、こういった贅沢品があるところも見られます。
Bathtub? I should have prepared for the tour. There are some ruins of palace which has court yard, wall paint, and such luxuries.


火山灰に埋もれて亡くなられた人の形がそのまま残り、そこに石膏を流し込んで造られた人型が再現されています。
Plaster casts of victims still in situation, these were the spaces left by decomposed bodies and devised the technique of injecting plaster into them to recreate the forms of the victims.


こんな競技場や劇場の跡もありました。豊かな生活を送っていたことが想像できます。体育会系としては、競技場に立つと気持ちが高揚します。
Another surprise, stadium and theatre! I could imagine how ancient people had a good life here. I was excited about standing the middle of field as one old athlete.


宿泊した宿はEasy Bed Hostelといいまして、この遺跡近くにあります。安いのにここのおじいちゃんがシェフで料理めっちゃ美味いんです。おススメの宿です。おじいちゃんとナポリのサッカーチームが勝った時に一緒に花火見ました。
The accomodation I stayed named "Easy Bed Hostel", located near Pompei ruins, reasonable price, and amazingly the dishes were great! This hostel's grandpa is the best chef in Pompei. I recommend you this B&B. When the Naples local soccor team won the game, I saw some fireworks with the grandpa.  


Posted by Masakatsu Nishitani at 00:01Comments(2)

2012年05月21日

青の洞窟  Blue Cave 


ナポリに来ました。友人がピザ屋をやりたいと言っていますので、ここではピザ屋さんの研究です。ナポリはピザ発祥の地だそうです。こんな路地が多い街中に今回の宿がありました。若いオーナーは、北斗の拳の大ファン。好きなキャラクターは僕と同じ南斗水鳥拳のレイで、話が盛り上がりました。ナポリでまさかのレイ話。
When I was in Naples, this place was great place to learn the design of pizza restaurants. One of my best mates wants to own pizza restaurant in near future, that was a good opportunity. My accomodation was located in the area of local alleyways, a little scary walking at night. The young owner was a big fan of Japanese cartoon, "Hokuto-no-ken". Our hero was the same, "Ray", so we were so exited talking about him, I'm almost 40 though.


街の中心地のアーケード。日本の商店街のそれとは異なり、周辺の建物と調和したアーケードでした。宿にはたまたま日本人のご年輩の方と女性の二人と一緒でした。やっぱりそれぞれ一人旅してるだけあって、色々経験してはる。面白い話聞けました。久々に日本語話せて感動。俺、こんな言葉流暢やったんや思います。
The centre of the Naples has an arcade place which is not like a Japanese shopping arcade, having a good harmony with the buildings around there. I coincidentaly met one old man and about the same age lady, traveling Europe by themselves from Japan and had a good conversation. It had been a long time to speak Japanese, I then realized how fluent my Japanese was.


ナポリから船に乗ってすぐ、カプリ島にやってきました。
I took a ferry and heading to Capri Island.


ローマ皇帝達の別荘地だったこの地。今では海のリゾート地として栄えてます。レモンが名産のようで、ここで飲むレモネードは絶品です。
This island used to have a villa of the successive Roman emperors, now is one of the popular tourst resorts in Italy. Speciality here is lemon, so the local lemonade is superb!


港のリゾート建築を観察、バスに乗って青の洞窟まで移動することにしました。その途中、この犬が付いて来るんです。めっちゃかわいい。
I saw the resort buildings around the port, and moving to Grotta Azzurra via Anacapri by bus. This doggy followed me on my way.


洞窟前ではこうやって小舟に乗って、洞窟に入る順番待ち。結構、揺れるんです。だから天候悪いとすぐ見学中止になるみたいですよ。
I took a small and unstable boat, and waiting my turn into the cave. I've heard it's easily canceled due to bad weather, because it's ovbious enterance is so small. You need to check whether they take you to the cave before you visit.


めっさ青い!自然の青がこんなにも綺麗だとは。自然と偶然が創り出した本物の青です。
Sooooooooo blue. I was so impressed how blue it was, coincidentally created by nature.


カプリ島からナポリに戻り、商業建築の観察です。ナポリの行列のできるピザ屋さんを訪問しました。窯の炎が見えて、職人さんがピザを作ってるのも見れるのがいいです。
Back to Naples and visited a local pizza restaurant where had a long queue. Good idea about the restaurant is that we can see the cooking room, how they cook, and fire from the pizza kyln which is very appetizing.


今まで生きてきた中で、一番美味しいピザでした。
I've never had such a beautiful pizza in my lije.
  


Posted by Masakatsu Nishitani at 00:01Comments(2)

2012年05月20日

でっかい美術館 Musei Vaticani

イタリア電波悪いんすよ。もって来ていたラップトップも液晶画面がぶっ壊れ、奮闘記の更新遅れてます。
Bad internet connection often irritates me. Furthermore my laptop was broken, so it delayed for update my blog.


バチカン美術館。世界最大級の美術館でカトリックの総本山、サン・ピエトロ大聖堂に隣接しています。予約しておいた方がいいそうですので、ネットで確認したら既に数日先まで売り切れ。そうなると並ぶしかないんです。
Musei Vaticani is one of the biggest museum of the world, built up by the Roman Catholic Church, St. Peter's Basilica. It's better to book a ticket, but booking was already full.


2~3時間待ちはざらだそうです。連休のディズニーランドばりです。列を成して並ぶことに慣れている一日本人として、5時起きで朝7時半に美術館到着。この時間だとこの季節、列のほぼ先頭に並べました。8時半の開館で予約の人がどんどん先に入り、9時になって予約なしの僕たちが入れることになりました。1時間半待ちです。なんっちゃないね。
You have to follow a queue normally for 2 to 3 hours. This is like Tokyo Disney Land on holidays. As one of the Japanese people who get used to wait so long, I woke up at 5am and arrived at 7:30am. It was almost at the head of a queue. The museum opens 8:30, firstly booking people got in, we could get in the museum about 9am. Waiting for 1.5 hours are not too bad.


入口に入ってからすぐでっかい中庭が見えてきます。右左どっちに行ったらええねん?って感じでもう適当に回りました。中庭の向こうにはサン・ピエトロ大聖堂の屋根が。
The court yard of the museum, you can see the church roof. There are two ways to see, but I had no idea which way I should have walked to. Anyway, I went left.


ここはローマ教皇の住居であるバチカン宮殿でその大部分が美術館となっているわけです。
The Pope used to live this place of Vatican Palace, but now most of the palace became the museum.


ラオコーン像です。詳しいことはようわかりませんが、すごいです。
Gruppo del Laocoonte, I do not know anything about this sculpture, but I know it is great.


美術館の中はこんな長い廊下で繋がってまして、それぞれ装飾が異なります。ガチャガチャしてあんまり好きじゃないですけど、すごいです。でも人多いし、ツアー客が行く手を阻み、なかなかゆっくりは鑑賞できません。
The long corridor's connecting, each corridor has unique decoration. They are too much for me, but I know it is awesome. The problem to appreciate arts, too many people are there. The tour groups were never allowed me to walk through.


これが、この美術館で一番見たかったミケランジェロの天井画。美術館の中にあるシスティーナ礼拝堂の天井全面に描かれています。圧倒されます。首も痛くなります。見れて良かった。
I was longing to see this ceil art of Sistine Chapel, drawn by Michelangelo. I was overpowered with the beauty of the art and had a sore neck. I'm happy to see that.  


Posted by Masakatsu Nishitani at 00:01Comments(0)

2012年05月17日

ローマはやばい。 Roman Holiday

電車で移動することが多くなりました。バス長旅はケツが痛くなるんで耐えられません。移動中は電子書籍にて読書。「景観・まちづくりによる地方都市中心市街地再生への取組み」「元気がでる!映画の英語」「星野リゾートの事件簿」「イタリアの都市から学ぶ日本の小都市の可能性」を読破しました。世界的な観光地を見ながら、日本のまちづくりがどうあるべきか勉強してます。
I recently use trains to move. I can't stand for sore butt in long bus trip. During the transportation, I always read ebooks, and have already finished reading four books concerning tourism and regional area redevelopment so far.


電車でローマです。今回も1泊¥1500程度のキャンプコテージに宿泊。再びめっちゃさぶいし。ほんま地中海性気候って昼夜の温度差でかいです。翌朝起きて真っ先にコロッセオへ向かいました。コロッセオはチケット売り場にかなり長い列ができます。宿のにーちゃんによりますと、隣にあるフォロ・ロマーノという遺跡のチケット売り場にコロッセオの見学チケットもセットで売ってるので、そっちに行け言われました。確かに並びはしたものの、コロッセオよりはだいぶ早くチケット入手できます。平日や言うのにすごい観光客です。
Roooooome! I stayed a camping cottage where's so chilly again. The price is ¥1500. There is a big temperature difference between day and night in Mediterranean climate. Next day, I went to Colosseo. I didn't want to wait for a long queue, so I got a ticket from Fono Romano and they also deal with a ticket for Colosseo, its queue's not that long as Colosseo. Even weekday though, plenty of tourists.


コロッセオの内部。ここに観客席が並び、剣闘士の闘いがおこなわれてたりするのを想像しながら見てました。つわ者どもが夢の跡ですね。
Inside of Colosseo. I imagined that gladiators and audiences in this field. It's all that's left of ancient gladiator's dream.


ちょっとミーハーで申し訳ないんですが、映画「ローマの休日」の舞台のひとつでもあったスペイン階段へ向いました。着いてみるととにかく人、人、人。オードリー・ヘップバーンがどの辺でアイス食ってたかなんか確認することもできず。なんか、若いにーちゃんが小指に友情の証や言うて、タダでミサンガみたいなん小指に巻いてくれてたんですが、ギリシャ以来、笑顔で寄ってくる人が信用できなくなって振りほどいて来ました。これでよかったんやろか。
I'm sorry but I'm one of big fans of "Roman Holiday", so went to the Spanish Steps where one of the movie's scene was taken somewhere at the steps. Loooooots people there. I could't find out the place Audrey Hepburn had a gelato. One guy was getting close to me, he then tried to put a string ring to my finger and said "It's free, l like Japan, and this is a proof of our friendship". I said "No!" and got his arm away. I can't believe anyone after the incident in Greecd. I regret what I did.


ローマ市民の憩いの場、ボルゲーゼ公園を散策し、ローマ庭園の勉強です。広大な公園の敷地内には数多くの文化遺産があります。ここはボルゲーゼ美術館。ローマ屈指の美術館らしいのですが、結構写実的な絵に飽きてきて、中には入ってません。
I strolled in Villa Borghese gardens where good walking place for local people in Rome. This garden could be categorized as English garden, this place is good for me to study landscapes. The garden has many cultural heritages. I saw Borghese Gallery one of the famous museum in Rome, but I didn't get in because I'm sick of realistic art.


庭園には様々な種類の扮しがあり、散歩人を楽しませてくれます。
We can see various pieces of art in the park, and they make us enjoy walking.


この公園からローマを一望できます。でも、観光地としてはローマにはかなわん、そう感じました。なんせ歴史的な建造物の多さ、その範囲、日本の街とは比べ物にならないほどスケールがデカい。ここまでとは思いませんでした。とても一日、二日では回りきれんですね。
You can see the whole city from the park. I feel like Kyoto never beat Rome as a tourist place. Numbers of historical buildings and places, its large scale..., I couldn't see everything in Rome for two or three days.


サン・ルイージ・デイ・フランチェージ聖堂です。教会はいくつか回りましたが、それぞれに趣があって素晴らしいですね。こんなん一世代では造れません。
This is San Luigi dei Francesi. I looked around some churches, and each church has unique style and atmosphere. One generation never can built these churches.


トレヴィの泉です。もうちょっと暗くなってから行くともっと綺麗でした。8時過ぎるくらいからやっと暗くなります。日が長いですね、こっちは。明日は早起きしてバルカン美術館に備えなあきません。
Trevi Fountain, more romantic as darker. It gets dark about 8 pm in this season. The day is long. I got to wake up next day for Musei Vaticani, got to wait for another long queue.

ちなみに今、ポンペイにいます。
By the way, I'm in Pompei now,   


Posted by Masakatsu Nishitani at 00:32Comments(0)

2012年05月16日

ルネッサンス発祥の地 Florence


マリア様、ありがとうございます。遂にゴシゴシタオル手に入れました。ベネツィアにまさかの無印品店。やっと背中洗えます。
Ave Maria, full of grace, I finally got a “goshi-goshi towel", nylon towel for scrub wash so that I can wash my back now. "Mujirushi" from Japan is in Venice. Mujirushi, you're the man!


芸術の都フィレンツェに来ました。15世紀のルネッサンスの中心となった街です。路地の先にドォーモが見えてきました。積石造で白い大理石と緑の大理石で色模様がなされています。
I'm in Florence where the centre of Renaissance in 15th century. Florence Cathedral came out between the buildings. This building is masonry structure, which has very unique pattern of white marble and green stone.


ここも相当天井が高い。でかい聖堂ほど天井高いです。ここはドームの上まで登れるようになっています。途中の階段は観光客による落書きだらけ。残念でなりません。イタリアね、落書き多いんですよ。せっかくの歴史的な建造物の品格を大きく損ねる。なんでもっと厳しく取り締まらへんのやろか。
This cathedral has the highest ceiling I've ever seen. We can climb up to the top, and on my way up, I could see the graffiti on the wall, I was extremely disappointed. These graffiti defile the landscape of artistic city. Why Italian goverment or police do not enforce a crackdown on graffiti.


ほんま腹立つわぁ~。
I’m so irritated.


ステンドグラスも間近で見ることができます。人の作った跡が見えるので、勉強になりました。
I could closely see the stained glass and see how the craftsman made it.


これはシニョリーア広場のヴェッキオ宮殿。たぶん。現在、内部は美術館になっています。
This might be the Palazzo della Signoria which is museum now. .


芸術の都に来た理由のひとつにウルフィッツィ美術館があります。予約なしで朝一番に並んで30分くらいで入れました。ここにはボティッツェリやダ・ヴィンチの作品が所蔵されています。これはボティッツェリの「ヴィーナス」です。ダ・ヴィンチが青年の頃に描いて、あまりの完成度の高さに師匠が筆を握るのを辞めさせてしまったとされる絵もありました。
One of the reason to come here is to seeis arts. Especially Uffizi museum. Without reservation, I waited for a cure early in the morning, took one 30 minutes to get in. This museum has Botticelli's Venus. I saw one tempera paint drawn by Da Vinci's tutor and only the angel part was drawn by young Da Vinci. This angels were too beutiful and completed, his tutor then stopped drawing.


続いて、ミケランジェロを見にアカデミア美術館へ。なんとまさかの3時間待ちですよ。予約してませんでしたから。事前予約をオススメします。ここではダビデ像を見ることができます。所蔵されている多くの作品は写実的なテンペラ画です。宗教画ですね。
Moving to Galleria dell' Accademia. At this place, I waited for a long queue for 3 hours without reservation. I recommend you to get a reservation. I saw "David di Michelangelo". Exhibitions are mostly Tempera Art.


フィレンツェの街並みです。ほんま綺麗です。
Art city of Florence.


フィレンフィの夜が更けていきます。なんてメリーゴーランドの似合う街なんでしょう。こういうの見ると切なくなってきます。
Night has come in Florence. Merry-go-around suits this romantic city. I'm feeling blue.

  


Posted by Masakatsu Nishitani at 00:01Comments(8)

2012年05月15日

水の都 City of water

イタリア人の女性、みんなミラ・ジョボビッチに見えます。
I feel every Italian lady looks like Milla Jovovich.


ヴェネツィアは無数の杭の上に乗っている人工島です。しかも、杭はシベリアカラマツだそうで、百年以上も腐ってないのが不思議。どうやってメンテナンスしてるんでしょうか。水路上をボートで移動する光景がよく見られます。しかし、すごい数の観光客です。
Venice was built on countless of Siberian Larch piles. It is a wonder why they haven't been rotten for hundreds of years. I can see lots of boats are the main transportation on this island and too many tourists.


街は路地が多くて迷宮です。でも、こんなアコーディオン弾いてるおっちゃんが似合う街です。写真撮ったらちゃっかり金入れろと。
This town's like a labyrinth. Those accordion players suit to this town. I asked him to take a photo, he clevery took 10 cents from me.


街の中には水路も張り巡らされています。日本で言うところの室町時代~江戸時代時期の建物が多いそうです。
Lots of waterway network connecting this towns. Most of the architectures had been built between Muromachi period and Edo period in Japan.


サン・マルコ広場です。ここは高潮で水没することがあるそうです。
Piazza San Morco. Once this place was under water when spring tide came.


広場にはこれまたレストランがテーブルを並べ、バンドは音楽を奏でています。ロマンチック。恋人たちの街角です。
There are open tables in the square that was illuminated by romantic lights. Lovers square, isn't it?


サン・ジョルジョ・マッジョーレ島が奥に見えます。このゴンドラ、素敵ですけど30分で9000円くらいするんすよ。高!
San Giorgio Maggiore Island with gondras. Gondra's fee is 90 euros for 30 min. Too expansive! Some other time.


ヴェネツィアの夜が更けます。安藤忠雄氏設計のプンタ・デラ・ドガーナ現代美術館です。世界をまたにかける建築家、カッコいいっすね。
Punta della dogana museum designed by world famous architekt, Tadao Ando. I want to span the globe!  


Posted by Masakatsu Nishitani at 00:18Comments(0)

2012年05月14日

コーヒーの街トリエステ Trieste Coffee

ザグレブからバスに乗ってイタリアに入国。まずはトリエステに滞在することに。ここは古くからの貿易港でコーヒーの流通が盛んに行われていたそうです。世界的なエスプレッソメーカー、イリーコーヒーはこの街で誕生しました。いまだにエスプレッソって何かわかりません。
I took a bus from Zagreb to Trieste, Italy. This city has flourished as a trade port city since olden times, and is famous as coffee. The world famous espresso maker, Illy Coffees was established in this city. I still don't know what the espresso is. Useless!


ここも、ウィーンやザグレブと同様にカフェ文化が盛んと宿のにーちゃんに聞きましたので、老舗カフェの「カフェトマッセオ」で地元の美味しいコーヒーを飲むことに。
The hostel person said, I should drink coffee here, I then went to "Caffe Tommaseo". I tried to drink the local coffee.


拙いイタリア語でなんとかコーヒーを注文したものの、出てきたのがコレ。チョコレートパフェやないかいっ!しかもこの歳風貌でパフェ食べてんのめっちゃカッコ悪い。みんなお洒落にコーヒー飲んでんのに。頭痛がするほどパフェをかきこんでそそくさ退散。もうコーヒー頼む余力もありませんでした。普段、コーヒー飲まないんでまぁええわ。
Holy shit! Here comes a chocolate parfait. I was embarrassed to have such a cute parfait at my age and physique. I quickly ate out and left. Actually I don't drink coffee.


マリア様、コーヒー頼んだのになんでチョコレートパフェ出てきたんですか。
Ave Maria, full of grace, why parfait... I know my Italian's hopeless.


Posso fare una foto? これ、教えてもらったイタリア語で「写真撮ってもいいですか?」という意味です。こんな感じで商業建築はバシバシ写真に収めます。このピザ屋さん、内装は石タイルがベースで、この窯の炎がお店の内外がら見えるっていうのがとても魅力的やと思います。
Posso fare una foto? which means, "Can I take a photo?" I've learnt this sentence and had many shots of cafes and restaurants to lean its design. This pizza restaurant, real stone tiles are used for interior wall and ceil. I was impressed that you can see the fire from oven even from outside.


サン・ジュスト大聖堂を訪ねました。こじんまりしていますが、歴史のある教会です。
Visited Cattedrale di San Giusto. Tiny for church, but having long history.


教会内部はアーチが連なる柱が印象的でした。ステンドグラスは円形模様で、薄く色が乗っていました。
Impressed by arch and pillar range. Stained glass has circle pattern with pale colors.


アーチ天井のモザイク画が素晴らしい!コーヒー飲まなかったことが唯一の心残りです。ヴェネツィアに移動します。
Amaizing mosaics art on ceil. To my great regret I missed the coffee. Heading to Venice.  


Posted by Masakatsu Nishitani at 00:01Comments(2)

2012年05月13日

We have colors 四季の彩り

ヨーロッパに来て、ほとんどの人の口から「日本に行ってみたい!」って聞いたことがありません。一人いましたが、テクノロジーとゲームが目的だそうです。違うねんっ!外国人訪問者数世界第30位ですから無理もありません。だから「日本の何がいいの?」って聞かれると必死になって、「京都、清水寺、白川郷...」と説明しますが、後が続きません。あらためて、自身が日本を自慢できるとこって何処なんやろ?って考えることがよくあります。海外になくて、日本にあるもの...
I've never heard of the people saying "I want to travel Japan!". I saw only a person saying that, but for technology and games. Naaaa! However, we are at 30th world ranking on number of tourst, almost the bottom of advanced nation. Can't be helped. When I was asked "What is good of Japan?", I tried desperately to say "Kiyomizu temple, Shirakawa, world heritage...", but can't go on. I sometimes think what we can proud of our country, overseas do not have, but we have...

それは、「色」なんです。四季折々の色。そら海外にも緑はあるし、花もある。綺麗な海も、紅葉もある。でも、四季の移り変わりに応じて色が変わっていく、こんな色彩豊かな国は日本しかないんです。
Now I can say it's "colors" in my word. Each color of four seasons. As a matter of course, overseas have nature, flowers, beautiful ocean and autumn leaf more than Japan, but only our country have a color full of variety and colors change as seasons change. The four seasons are clearly defined in Japan due to those colors.


暖かくなってくると菜の花畑が。
It gets warm, we can see yellow blossoms.


春になると桜。
Cherry blossoms in spring.


それからホタルが現れます。
Then firefly appears.


梅雨時には紫陽花が。
Rainy season comes, and hydrangea.


苔が綺麗な時期が訪れ、夏は水田や木々の緑が青々としてきます。
Moss gets much more green, paddy fields and forests too.


秋には紅葉があり、寺社とのコントラストは最高です。
Autumn leaves, making a beautiful contrast with old temples and shrines.


冬には一面の雪景色が。
snowscape all around.


南欧の観光地は冬はオフシーズンですが、日本には冬には冬の楽しみがある。冬の温泉も最高!
In south Europe, winter is off-season for tourists, but we still have pleasure, hot springs, ski, nabe party, and you name it.

こうやって、色を基準にしていくと、この季節はここがいいっ!とか訪ねてほしい場所が説明ができるようになります。季節によって色が変わるから、春夏秋冬と同じ場所に4回来てもらっても、雰囲気が全然違うんです。だから外国人にはそうやって日本の良さを伝えることにしてます。
Based on colors, now I can easily answer the question, "What is good?". You should come to Japan 4 times, because each season has different color and atmosphere.

やっぱ日本最高!
I love NY! Nope. JAPAN!  


Posted by Masakatsu Nishitani at 00:01Comments(0)

2012年05月13日

RUAMOKO on Fukuoka Now


自分が福岡で所属していたタッチラグビーチーム、RUAMOKO FUKUOKAの記事が、福岡在住の外国人向けのフリーマガジンFukuoka Nowに掲載されました。国際交流と誰でもできるタッチラグビーを楽しむことを目的としたチームです。Click→May 2012 Fukuoka Now


Fukuoka Nowのウェブサイトでも記事が掲載されていますので、是非見てみて下さい。国籍、年齢、性別、経験問わず、様々な国から来た仲間達と日本人の国際交流の場となっています。Click→Full article on Fukuoka Now website


チームのアイドル、ちーちゃんもボールを持って激走しています。彼女も未経験からの運動オンチ(言い過ぎ?)だったんですが、今ではボールスキルもスピードもどんどん上達してます。国際交流したい方、運動を始めたい方、タッチラグビーに興味のある方、英語の勉強をされたい方、是非、ご参加下さい。

詳細はClick→Fukuoka Touch Rugby  


Posted by Masakatsu Nishitani at 00:00Comments(4)

2012年05月12日

ザグレブのカフェ Zagreb Cafe & Bistro

iPadで読む電子書籍。めっちゃ重宝してます。荷物にならないし、夜の長距離バスでも読めるし、文字も読みやすい。移動中はもっぱら電子書籍読書です。
ebook with iPad is very handy, without being bulky, can read at night, and easy to read. I always read ebook when I move.


引き続きザグレブです。早起きしてドラツ市場へ。1920年から続く最古の青果市場だそうです。野菜や果物、オイルやレース、ラベンダーや花などが売られています。苺がめっちゃ美味そうでした。
Still Zagreb. I woke up early and went to Dolac market. This is one of the oldest market in Europe since 1920. You can see viges, fruits, oils, traditional laces and flowers. The strawberry looked really yummy.


クロアチアの首都ザグレブでは、ウィーンに負けないくらいの誇り高きカフェ文化があるそうです。K&K Milcecというカフェ。ザグレブで生まれ育ったミルツェツという作家が作ったカフェだそうです。店内には昔の街の写真やお洒落な絵が飾られごちゃごちゃしてるんですが、このごちゃごちゃが歴史を感じさせてくれます。
I’ve heard people in Zagreb are proud of café culture like Vienna. The café named K&K Milcec, Milcec is the name of local writer and he designed this café. Photos of the old and good times in Zagreb, other arts are great.


メニュー見てもわからんので適当に注文しました。普段、コーヒー飲まへんので、どうやって飲んだらいいのかわからんかったです。このコーヒーの苦味とクリームの甘味のコンビネーションが絶妙です。日本で言うところの抹茶と和菓子のような。
I ordered one coffee? not sure what it is. I usually do not drink coffee so no idea how I drink it. I like this combination of bitterness of coffee and sweetness of cream. It’s like Japanese green tea and confectionary.


続いて、ビストロめぐりです。Purgerという食堂を訪ねました。地元の伝統料理が食べれる大衆食堂だそうですが、店内といい、店員さんといい洗練された雰囲気があります。
Next, I went around some bistros, and one named “Purger”. You can eat local traditional dishes in this place. Interior design and assistants are sophisticated.


仔牛ハンバーグめちゃうまし。グリーンピースとニョッキのスープもうまし。お値段もお手頃です。
So yummy veal hamburg steak with vege soup. Prices are reasonable.


もう一つのビストロは、Ivica i Maricaというお店。クロアチアのママの伝統家庭料理が頂けます。
Another bistro is Ivica i Marica. You can have Croatian traditional, mam’s homemade dishes.


店内はゴツゴツした表面の梁や柱が家庭的な雰囲気を醸し出しています。昔の農具がオーナメントとして飾れて、店員さんは民族衣装を着てはります。
The timbers in restaurants make homely atmosphere. Old farmers tools are now ornaments, and assistants are wearing folk dress.


コロマチャというセロリに似た地元野菜と玄米のリゾットです。久々に米食べれて美味しいし幸せです。
Risotto of brown rice with Koromaka, local veggie similar to celery. It’s been a long time to eat rice, so I’m happy now.

これからバスに乗ってイタリアへ突入です。
Now off to Trieste, Italy.
  


Posted by Masakatsu Nishitani at 00:01Comments(0)

2012年05月11日

Ave Maria! ザグレブにて

シェンゲン協定って知ってます?EU域内では自由に移動を認めるという協定です。ヨーロッパのほとんどの国が加盟しています。僕、これ知らんかったんすよね。だから、ヨーロッパの一つの国に観光ビザで90日はおれると思ってたら、ヨーロッパの協定国内はどこにいても90日しかおれんのです。誤算でした。これでのんびりもできなくなりました。なんとか腰据えてこっちで仕事するためにもこの90日で仕事見つけないかんのです。現在、ギリシャとクロアチアで1社ずつトライしましたが、ダメ。スペインで1社応募中。あと47社はアタックします。モンテネグロ、クロアチア、イギリスはこのシェンゲン協定に加盟していませんので、この協定国内90日のリミットには加算されんのです。たぶん。
I didn't know about the Schengen Convention. We can freely move within the Schengenite. Most of the EU countries join it. I thought I could stay 90 days in each country with a tourist visa, but I couldn't. I have 90 days limit in Schengenite. I gotta rush myself to find a job. I've already tried some architectural design offices in Greece and Croatia, but no reply, and now applying one in Spain. I'll try another 47 offices. By the way, Montenegro, Croatia and UK are not in Schengen Convention, so there's no addition to the limit of Schengen now. Probably...


今、クロアチアの首都、ザグレブにいます。内陸ヨーロッパとアドリア海をつなぐ要所として古くから栄えていたそうです。アドリア海沿いの街とは雰囲気も異なって、オーストリアと似てる気がします。宿はこの旧市街のトカルチチェヴァ通りのホステルにとりました。4人相部屋にまたひとり。なんかルームメイトと仲良くなって「一緒に飲みに行こうぜ!」的なのは全然ないっす。この通りはとても賑やかで一人ものには堪えます。
I'm in Zagreb, the capital of Croatia. This city has developed as an important transportation hub between midland of Europe and Adriatic Sea since ancient times. The atmosphere of city is different from the cities along Adriatic Sea, rather similar to Vienna. I stayed at a hostel in Tkalciceva street, mixed dorm for 4 people, but no one else again... No chance to make good friends and to have "Let's go for drink!" situation yet. This street is so popular, it's hard for person being alone.


マリア様、この淋しい気持ちを慰めて下さい。
Ave Maria, full of grace, please ease my grief.


通りを歩くと聖母被昇天大聖堂が見えてきました。この大聖堂はすごかった!
Walking on the street, I could see huge building, Katedrala Marijana Uznesenja. That was just great!


この緻密な彫刻見てください。現在、この塔は修復に入って数十年経過しているそうです。そらかかるわな。
Look at the precise and fine sculpture. The tower has been renovating for 20 years


ここでもマリア様だけは僕に微笑みかけてくれます。マリア様見てたらほんまに改宗しようかなって気持ちになってきます。
Only our lady gave her smile on me. When I saw her, I feel like I should convert to Christianity.


内部の様子です。ここのステンドグラスは伝統的な模様をしています。
Inside of the cathedral. The stained glasses here are very traditional and typical.


グラゴール文字というそうです。読めませんが魅力的な字形です。ここのキリストの十字架に磔になっている像は見入ってしまいました。
There's a wall Glagolitic alphabets are written. I can't read it but it's an attractive font for me. I couldn't take my eyes off the sculpture of Jesus Christ.


マリア様、なんでこっち来てから友達できないんでしょうか?
Our lady, why I've been still alone since I left Japan?
  


Posted by Masakatsu Nishitani at 00:01Comments(1)

2012年05月10日

フヴァル島 Hver Island

昔、海外旅行するときはでっかい変圧器持っていかなあかんかったんですけど、最近はデジカメやパソコンはもう変圧器なしで海外の電圧に対応できるようになってるんですね。プラグは国によって違うけど、今は1個で組み替えて何か国分のコンセントに対応できるような便利なのがあるんで、それ持ってってます。
I used to bring a huge transformer when I travel overseas, but recently the latest device doesn't need it. Plugs are different at each country, but I have one plug which changeable to the most of the countries.


さて、クロアチアのコルチュラ島からフェリーに揺られること2時間、フヴァル島に到着。クロアチアで一番人気のある島だそうです。海めっちゃ綺麗。ウニめっちゃいます。でも、ここで食べてる気配ないんすよね。ここでウニ丼屋さん開こうかな。生のウニの甘味、分かってもらえるでしょうか?
I moved from Korcula to Hver island where the most popular island in Croatia. The sea water is so clear and beautiful. I can see sea urchins everywhere, but it doesn’t seem like they eat urchin eggs. Should I open an urchin egg restaurant here? Do you think the local people here understand the sweetness of raw urchin eggs?


聖ステファン広場とそないに大きくはないんですが大聖堂。写真右のアルセナル屋内劇場は築400年の建物です。
St.Stephan square and tiny cathedral compare to others. Arnacel Theatre on the right of the photo is 400 years old building.


ここにも丘の上に要塞がありまして、今日のトレーニングはそこまで駆け上がりです。
I ran up the fortress on the hill to the top as today's training.


要塞から街が一望できます。石造建築の街並みにヨットって合うもんですねー。
You can see whole town from the top. The masonry buildings are in harmony with sailboats.


ここも路地、路地、路地。日本で言うところの、京都の路地とか大阪の法善寺横丁めっちゃ好きです。日本ももっと素敵な路地裏があるのに活用しましょう。
Alley, alley, alley. We have old alleys in Kyoto and I like Houzenji Alley in Osaka., Japan should make good use of those alleys to attract people.


フヴァル島の工事現場。石壁の施工です。僕が写真撮る度にいちいちポーズを取ってくる職人さん。自然に仕事してはるところ撮りたいのに。そのうちもっと撮ってくれと頼んでくる始末。
Construction site of stone wall. Each time I took a photo, the craftsmen posed for photos every time. I wanted to take photos of natural workers but... At the end, they asked me to take photos more.

海と空がとても青い。
The sky and the sea are so blue. I'm feeling blue.
  


Posted by Masakatsu Nishitani at 00:01Comments(2)

2012年05月09日

コルチュラの夜 Korcula Night

クロアチアのドゥブロヴニクからフェリーに乗ってコルチュラというアドリア海の島に移動しました。アイランドリゾートの建築の勉強です。着いたのはちょうど日が沈んだ頃でした。ここにも中世の面影を残す旧市街があります。そんなに大きな街ではないんですが、マルコ・ポーロの生誕地という伝説があるそうです。
I took a ferry from Dubrovnik to Korcula faces the Adriatic Sea, to see island's resort architectures. I arrived there just after sunset. There's a shadow of Middle age's town. This is not a big town, but tradition says that Marco Pole's birthplace.


ここにも旧市街に入るのに城壁がありまして、城門には弾き語りのお兄ちゃんがロマンチックなメロディーを奏でていました。甘い。
This old town also has stone walls and the guy sang to his own guitar accompaniment at the town gate. Sweeeeeeet melody.


ここあんまり人いません。静かで落ち着いた雰囲気です。でも昼間に来るともっと賑やかで、レストランなんかで歌を歌ってはったりするみたいですよ。今まで回ったアドリア海周辺の街は、積石造に赤屋根、それから城壁が特徴的で、中世の面影を残しています。そこに上手くマリンリゾート的な要素を組み入れて世界中の人を魅了しているようです。
I could see few people, quiet and calm. I've heard that the town's busy in the daytime, and more people are singing in the restarurants everywhere. The features of towns I looked aroud are masonry structure, red roof, fortress, and shadow of Middle Ages, plus marine resort essence. Those elements should attract people all over the world.


やはりこの旧市街にも中心には小さな教会が建っています。恋人達の街角ですね。
This town also has a church at the centre. Romantic lovers place, isn't it. I'm alone alone alone.


街中には多くの路地があり、ポツポツとお洒落なレストランが地元の漁師料理を食べさせてくれます。僕もめちゃ美味いシーフードパスタ頂きました。
The alleys are everywhere in this town and the local restaurants serve us the fisherman's dish. I had a seafood pasta today after too much kebabs and humburgers.


哀愁が漂ってます。地中海性気候って夜、結構肌寒いんです。日中との気温差が激しい。冷たい風が身にしみます。
These alleys have melancholy atmosphere. It's chilly at night under the Mediterranean climate even in Spring. My heat was pierced by the chilly wind.

気づいたんですけど、色々な国を周ってて思ったんですが、会話をする時に一方的に英語で話をすると表情が固いのが、その国の言葉でを少しでも下手くそでも話そうという意欲を持って話をすると、めっちゃ笑顔もらえます。だから国を変わるごとに、ありがとう、お願いします、こんにちは、おはよう、さよなら、だけは覚えるようにしました。
I realized when I traveled some different countries, and had a conversation with the natives, I could see their strern faces. Once I tried to talk their local language even it's terrible, willing to comunicate, I then could see their big smiles. Everytime I move the country, I memorize 5 words which are "Thank you" "Please" "Hello" "Good morning" "Good bye" in their words. 



  


Posted by Masakatsu Nishitani at 07:43Comments(2)