Posted by at

2012年03月30日

聴竹居にキターッ!

日本を去る前に見とかなあかん住宅、京都は山崎にあります「聴竹居」を訪ねました。設計は藤井厚二さん。日本で最初に「環境共生住宅」を志向した建築家と言われています。これはご自身のご自宅であったようなのですが、昭和3年に建てられ築80年になります。これこそが本物の"100年住宅"です。ここにずっと来たかったんです。


この住宅だけでも素敵な建物なのですが、今の時期は植栽が枯れています。これが新緑な時期になると...


こんなに綺麗。建築と自然が見事に調和してます。これが紅葉の時期になると...


こんな雰囲気がでるんです。見学の時期はこのどっちかがいいですね。予約は2週間前におこなわなあきません。


大きな縁側といいますか、和のサンルームです。大きな庇と表の植栽によって季節ごとに自然の光を取り入れたり、遮光したりしてます。大きな木製の窓枠がありますが、80年経った今でも形状の狂いひとつなく、いまだに気密性を保っています。普通は木が変形して隙間ができてきたりするんですが、この昔の職人さんの高い技術に頭が上がりません。ほんまにすごいんです!


この写真はこの建築家の書斎兼娘さんの勉強部屋です。一緒に勉強してたんでしょうね。藤井厚二さんは、日本中の気候、温度、風向きなどのデータを取り、この時代に既に科学的に快適な住宅を考えてはった方です。風や地熱を取り入れる工夫なんかもこの住宅にはあるんです。


どこか懐かしい和の雰囲気の中に、西洋的な幾何学模様が取り入れられてます。この机と椅子とソファと照明に床の間や数奇屋の網代天井が合うもんですねぇ。言葉を借りますと、"洋と和の幸せな統合"です。


こういう住宅は80年経っても人に「ここに住みたい!」って思わせる。買う人が出てくるんです。そうすると資産価値がずーっと残っている。デザインが優れているからです。こういう住宅をほんまもんの"100年住宅"って言うんですよ。

自分にとっての理想的な住宅。肌で感じることができました。  


Posted by Masakatsu Nishitani at 00:22Comments(0)

2012年03月23日

旧漢字デザイン


これ、パッと見て何と書いてあるかわかった人はすごい。福岡市南区若久にあります健康焼肉 亀(ススム)というめっちゃ美味しい焼肉屋さんの照明看板としてステンドグラスを製作しました。


琥珀色を中心とした色のガラスを使用。瑠璃色も少し入れてました。何と読むか見えてきましたか?


これは、このお店の名前である亀という字の旧漢字なんです。


お腹空いてきた。ちょっと食べに行ってきます。

  


Posted by Masakatsu Nishitani at 16:11Comments(0)

2012年03月22日

夜行列車


宗像市の和の住宅リノベーション"飫肥杉と漆喰の家"のステンドグラス照明の取り付けをおこないました。和風にもステンドグラスは合わせることができます。


今回のステンドグラスは、通常のはんだ枠ではなくて、木箱に正方形の穴をいくつか開けて、それを枠にしました。夜行列車の連なる窓明かりをイメージしてつくりました。銀河鉄道の方がいいかな。


この家も木をふんだんに使用してるので、それに合う琥珀色と茶系ガラスをはめ込みました。1枚だけ遊びで瑠璃色ガラスも入れてます。正方形の穴は三面すべてに入れてますので、家の白壁にも映ります。夜行列車の車両に見えますか?  


Posted by Masakatsu Nishitani at 00:55Comments(0)

2012年03月17日

旅のキセキに出会った。

ガラスと陶器って大好きな素材です。たまたまその素材の両方をアクセサリーにしてはるお店を発見しました。糸島市志摩にある"旅のキセキ"というお店です。お店の名前がカッコいい。可愛らしい一戸建てのお家の一室がお店になってまして、裏の工房でご主人がひとつひとつ手作りでつくってはるようです。


ガラスでできたハート型や壺型のアロマペンダント。これ容器状になってまして、中にアロマオイル入れて身に付けてますとほんのり香ってくるんです。手作りなんで、それぞれ形も色も違って同じものがないってのも魅力的です。


土器アクセサリーってのもありました。どこぞの国の原住民がつけてるような民族性のあるアクセサリーです。特に釉薬か硝子でつくってはる青色が綺麗のなんのって。紐も麻で紡いだようなのもあったりして。


ガラス玉に空気のあぶくが入っているのもかわいかった。


土着民アクセサリーですね。これ一番似合うって言われました。僕自身が土着民っぽいってことですよね。ハートがガラスなんで壺型のガラスものが欲しかったんですが、土着民型を相当押されました。


これガラスの万年筆。万年筆の筆跡が好きでずっと欲しかったんです。これ、インクにつけつけ塗るタイプなんで、めんどくさいんちゃうかなぁと思ってたら、かなりインクが伸びて長いこと描けるのにビックリ。これからこれで絵を描きたいと思います。旅先でこういうので絵描いてたらカッコええんちゃうかなぁと。

ガラスと陶器という素材を生かしたセンスのいい、とても魅力的なアクセサリー店でした。糸島行く楽しみがまた増えました。ここで買ったものを旅に持って行きたいと思います。旅のキセキがあるとええなぁ...
  


Posted by Masakatsu Nishitani at 23:00Comments(4)

2012年03月16日

衝動買いは自分への投資


あかんっ!ジュンク堂に行くと本をガンガン買ってまう。10冊衝動買いです。本屋さんにいると下痢になりがち。なんでかなぁ。印字のインク成分が影響すると聞いたことがあるんですが、ほんまかなぁ思います。それもあってか本屋さんのトイレっていっつも空いてないんすよね。でも、そんな本屋さんが大好きです。

今回の衝動買いした本には、茶室設計や黄金比をデザインに生かす手法の本、「敷地・地盤のキホン」という本や建築プレゼンの本があります。その中でも「対訳日本人のすまい」という本がありまして、これは日本の伝統建築の歴史やしくみを対訳で書いてはります。一日本人として、日本の伝統建築を外国人にキチンと説明できるようになるために必要や思いました。しっかり勉強しよ!


ジュンク堂から駐車場に向かう途中、福ビル1階の"とうじ"さんに寄りました。お洒落文房具を扱ってる好きなお店です。そこのショーウィンドウにあったiPadケースが気になって。間もなく地中海放浪の旅に出ますので、iPadをフル活用して放浪記をブログやFacebookに載せようと思ってたんです。そこでiPadケースが欲しいなぁ思てまして。1919年イタリア北部創業の老舗革メーカーGIORGIO FEDON社製のiPadケースです。"老舗"っていう言葉に弱くて。

この衝動買いは自分への投資です。って言い聞かせてます。ただ、ちょっと買い物したものを自慢したかったっていうのもあります。この投資が倍になって返ってくるよう努める次第です。

本屋さんに「魚は痛みを感じるか」という本がありました。気になって仕方がありません。建築の本ばっかり読んでやんと、知見を広げるためにこういう本も読まあきませんね。
  


Posted by Masakatsu Nishitani at 23:55Comments(0)

2012年03月15日

ドアノブひとつ


ドアノブひとつにしても、色々あるわけですが、こういうアンティークものをゴロゴロ扱ってはるところもあります。


こういうの個人的に好きです。既製品の扉には合いませんが、建具屋さんに木で造ってもらった扉につけるとしっくりきます。扉の素材が何にしろ、少しエイジング塗装して古びた感じを出せば何でも合います。


前方後円墳みたいな形状をした鍵穴をウォード錠といいます。これはセキュリティ能力が低く、今では見られなくなりましたが、とても魅力的な形状の鍵です。アクセサリーとして部屋の鍵として使用するのはいいと思います。これを開けるスケルトンキー(写真右側)っていうのもかわいくてアクセサリーになりそうです。


こういうドアノブも扉に取り付けることは可能です。アンティークもののドアノブはシンプルな形状で、古びた感じがとても魅力的です。たかがドアノブ、されどドアノブ、ドアノブひとつにもこだわっていきたいです。  


Posted by Masakatsu Nishitani at 23:41Comments(4)

2012年03月14日

アポスティーユと電子辞書


アポスティーユ(Apostille)という言葉、初めて知ったんです。駐日領事による認証に代わり、公文書に外務省や公証人役場等が実施する付箋による証明のことです。自分の場合、海外で就職するために日本の建築士免許証を証明したいが、英文での発行は行なわれていないので、翻訳を添付します。この翻訳も公式文書であることを証明するためにこのアポスティーユが必要になります。公証人役場→法務局→外務省と申請をおこないますが、そないに手間はかかりません。手数料は11,500円と結構します。通常、どこぞの大学や企業に求められたときに準備するもののようなんですが、一応準備しとこう思ってます。


わからん言葉を調べるときはこのセイコーインスツルの電子辞書。これを買った決め手は、収録英単語の量と発音機能、そして内蔵されているSILUCAカードというのを入れ替えれば、英語だけじゃなく、多国籍語の辞書にもなります。長い付き合いで、もう6~7年になります。先日、キーがいくつか反応しなくなったので修理に出したんですが、3,880円で修理完了。あと3~4年はもつんやないかと思います。もの使いが荒い方なんですが、いまだにしっかり頑張ってくれてるんで、ええ買い物したなぁと思ってます。オススメの電子辞書ですね。  


Posted by Masakatsu Nishitani at 23:55Comments(0)

2012年03月11日

タッチラグビー遠征


スポーツを通じて国際交流をおこなう場としてタッチラグビーを楽しんでいます。この土曜日には長崎大会が諫早でありまして、そちらに参加してきました。メンバーのほとんどが初心者にもかかわらず、優勝することができました。昨年の春から始めたタッチラグビーでの初タイトルです。みんなかなり上達した証です。


前日の祝勝会でまたベロンベロンになりつつも、日曜日もしっかり起きて練習。二日酔いメンバーが参加できなくてもしっかり人は集まります。最近は多いときで30人近く集まるようになりました。しかし、今日はさぶかった。


練習後には、ラグビーのリフティング体験です。今日は一緒にラグビーをやってる先輩の家族も遊びに来てくれました。ほんまにかわいかったぁ!親父に似ないでよかった。しかし、楽しかったけど疲れました。「壬生義士伝」見て寝ます。  


Posted by Masakatsu Nishitani at 23:58Comments(0)

2012年03月07日

茅葺は夢物語?


また桂離宮に戻ります。桂離宮には書院造の邸宅と庭園のほかに、数奇屋造りのお茶室が点在しています。ここに来れば日本の伝統建築の象徴的なものがほとんど見れるんやないですかね。この写真は、外腰掛っていう待合所みたいなとこで、茅葺屋根の葺き替え工事中で、職人さんが茅を刈り込んでるところでした。


葺き替えが終わるとこんなに綺麗な茅葺屋根になります。この御幸門はちょうど葺き替えが終わったところだったそうで、とても綺麗でした。


松琴亭という茶室の茅葺屋根です。ここの茅葺もだいぶ年数経ってるんでしょうか、灰色っぽく変色して少し緑がかっているところもあります。これはこれで味があっていいんです。これが経年劣化と経年美の違いです。狭くていいからこんな別荘を田舎にぽつんと造って住みたいなぁ。そんな大きくない建物で屋根面積少なければ、2、3回茅葺き方教えてもらえば自分でできそうです。


これは茅葺屋根の軒下です。茅葺はこんな厚みがあります。屋根を受ける桁や柱には皮付丸太が使用されています。数奇屋の茶室らしい素敵なテクスチャです。こういうのも先日のブログで紹介しました材木屋さんにはありました。一般の住宅や店舗でも使うことはできます。


茅葺で思い出したのがオランダの茅葺集落のあるヒートホルン。普通に人が住んでます。近隣には茅の材料となる葦やったかな?たくさんとれるようですし、茅葺職人さんも健在です。ほんまロマンチックな街でした。茅葺ってもう日本では過去のもので、ほとんど見ることもなくなりましたが、これを建てるのは夢物語やありません。建て様によっては今でも十分に実現できるものですからね。


茅葺でもひとつ思い出したのが、堀口捨己さんという建築家さんが設計した「紫烟荘」という住宅。火事で燃えたそうで現存しませんが、大好きな住宅のひとつです。自分の家を建てるとき、このくらいまで茅葺にせんでも、どこか屋根の一部の少ない面積を茅葺にして、葺き替えは自分ですると、そういうことも考えたりしてます。

茅葺... 無くなって欲しくないものです。  


Posted by Masakatsu Nishitani at 19:43Comments(0)

2012年03月06日

京の食

伝統建築や庭園の勉強はやはり京都が一番です。京都に行ったら、どこそこに行ったらええと薦めることはできるんですが、京都の食は?と言われるとようわかりません。湯豆腐か川床料理しか思いつかんのですけど、高いからあんまり薦めることがでけへんのです。おばんざいは最近ようやく知ったとこですし。


僕、思うんですが、京都のラーメンって美味しい。最近、念願の「天下一品」の本店に行ってきました。シチューみたいなどろっどろスープです。大学の頃、京都で試合した後によく行ってたんですが、それ以来。ほんまに美味しくて感動しました。


そして、京都で素敵なお寿司屋さん見つけました。阪急烏丸駅から大丸へ、その裏へまわると「さか井」というお寿司屋さんがあります。お店に入るとご主人と美人のおかみさんのお二人と数席しかないカウンターがあります。少し窮屈なんが逆に心地よく博多の屋台のような感じは僕は好きです。カウンターの色手触りがよく、ご主人に尋ねましたところヒノキの一枚木だそうです。お手入れもしっかりされてるようで頬擦りしたくなるような肌触り。木って気持ち込めて手入れしてると応えてくれるんですよねー。


やさしいおかみさんの京都の地元ならではのお話を聞けます。その横で職人であるご主人が黙々とお魚をさばいてはります。ちなみに京都の方は言葉が丁寧で、言葉の頭に「お」を必ず付けるそうで、表の大丸の事も「お大丸さん」と言うそうです。でも、三越だけは「三越」だそうです。何で?


どんっ!あなご丼です。ご飯は酢飯。めちゃめちゃ美味しい。他にも新鮮な魚をネタにしたにぎりや海鮮丼も美味い。僕も福岡に来て美味しいお魚を食べれるようになっただけに、口も肥えてきたんですが、ここなら毎回来たいです。友達にも薦めたいです。  


Posted by Masakatsu Nishitani at 02:06Comments(4)

2012年03月05日

Sunday football


最近のサンデーフットボールはもっぱらタッチラグビー。国籍、性別、経験問わずに楽しくやってます。僕もスポーツを通じて国際交流をおこなうというスタイルに魅力を感じてこのチームの言いだしっぺのニュージーランド人をサポートしてきました。それぞれが友達を紹介してくれたり、飲み屋で人を誘ってみたり、Facebookを通じてメンバーを募集したりして、あれよこれよという間に20~30人は集まるようになりました。


今日も、天気が悪いにもかかわらず20人が参加。小雨も忘れるほど皆が楽しんでくれて嬉しいです。今日はモンゴルの方が新たに参加しました。モンゴル語で自己紹介してくれました。モンゴル語って新鮮で、教えてもらおうと思います。練習後はスポーツバーで軽くラグビー観戦も。

ちなみに昨日もみんなで飲み会で、結構、こういう飲み会も多いんです。毎回思うんですけど、外国人の飲むときのノリって日本人とは全然ちゃうんです。ノリノリのベロンベロンです。それが楽しくて。とにかく、とてもいい仲間ができたなぁとつくづく思うんです。

一度、この活動をFacebookのFukuoka Touch Rugbyのページで見てみて下さい。まだまだメンバー募集してます。  


Posted by Masakatsu Nishitani at 02:18Comments(2)

2012年03月03日

陰の努力と黄金比


桂離宮見学の続きです。ここは御輿寄という玄関です。この玄関の前庭には、飛び石や敷石、手水鉢(右奥)や灯籠があって、それらと緑の苔敷きの対比がとても綺麗です。このお庭の短辺と長辺にも、最も美しい形状の比率とされる黄金比が見られるそうです。建物の雨樋は竹でつくられています。竹樋は年が経つとどうしても腐ってくるので、定期的な交換が必要です。でも一般的な樹脂の樋って素っ気ない。昔の家の銅や竹の雨樋は粋です。


真っ直ぐ玄関まで伸びる敷石は、"真ノ飛石"と呼ばれています。ここにも黄金比が組み込まれているようで、この敷石の形状は7つの黄金比の長方形を短辺でつないだ形で、他にも庭の入口から石段までの距離と敷石全体の長さも黄金比だそうです。もともと西洋から来た黄金比の考え方を江戸時代の作庭師が取り入れてたのか、もともと黄金比など考えず美しい形状を感覚として捉えていたのか、どっちにしろすごく興味深い話です。


この桂離宮に来て、一番感動したのがこの2人のおばちゃんです。この広大な敷地の美しい苔を守るために雑草を抜いてはるんです。しかも、雑草の芽が小さいうちにそれらを除去するんです。根を張ってしまうと抜いたときに土と苔も一緒に持っていかれるからです。そら大変な作業ですよ。美しいものを長年に渡って維持するためには、こういった努力が必要不可欠なんです。手間を省くことを優先して、こういった手間をかけて美しいものを慈しんでいく気持ちが忘れ去られています。


これは桂離宮ではないんですが、苔が綺麗だったので写真撮りました。ここもしっかりお手入れされているんだろうなぁと思いつつ。かつての時代劇大スタア大河内傳次郎さんの旧邸宅にあった敷瓦と苔です。この瓦組みと苔のコントラストに感動しました。  


Posted by Masakatsu Nishitani at 00:01Comments(0)

2012年03月02日

桂離宮で日本建築を学ぶ

どうしても見ておかなければならなかった日本の伝統建築、桂離宮に行ってきました。江戸時代初期に造られた皇族の別荘です。設計者は小堀遠州と言われています。有名なドイツ人建築家ブルーノ・タウトが「泣きたくなるほど美しい」と絶賛した日本を代表する建築です。見学には予約が必要で、京都御所内の宮内庁京都事務所に申し込みに行きました。その事務所近くには、あの蛤御門の変があった蛤御門があり、銃痕も残っていましてちょっと鳥肌が。


遂にやってきた桂離宮。面積は43,000㎡で東京ドーム1個分くらい。回遊式庭園でぐるっとお庭を回れるんですが、景色が池や州浜や石や植栽などで様々に変化して、どっから見ても綺麗なんです。また、所々に趣をもった茶室があります。


メインの建物の御殿と書院です。建物を上から見ると雁行型という、鳥の雁の群れの形のようにギザギザになってまして、これが東南に面するように建てられてます。この東南方向が中秋の名月が現れる方向で、冬至には陽が昇る方向でもあるそうなんです。意図的な建物の角度なんでしょう。季節的に緑や紅葉の時期に行けば、もっとこの景色も映えて見えるやろなぁ。また行こ。


新御殿と中書院です。書院造やと思うんですが、床が高く、屋根は杮葺という薄い柿板を重ねたものです。またむくリという屋根の形状で、反ってるんやなくて丸くなってます。屋根の勾配といい、この平たい感じといい、落ちついた静かな感じがします。形がほんまに綺麗です。実際、この建物の高さと横の関係において、黄金比が見られるそうです。ここも春夏に行けば周辺の苔と芝がもっと綺麗なんです。


古書院と月見台です。残念ながらこの書院の中は公開されていないんですが、想像でお部屋の中から月見台を通して見る景色はさぞ綺麗かろうと思います。正面に出てくる名月を見れば、池にも映ったりするんでしょうか、さぞ美しかろうなぁ思います。月見台は竹敷きでした。竹は油抜きして長持ちさせるそうです。


これは点在する茶室のひとつ、松琴亭です。数奇屋造で、これらの茶室それぞれから見る景色も最高です。障子や壁の藍色が粋。やっぱ僕は数奇屋建築が好きなんです。これをどうやって現代の建築デザインに持ち込むか、これが僕の課題です。一度、海外には出ますが、戻ってくるのはこの数奇屋です。

ところで桂離宮のこれらの建物は火事にあったことがないそうで当時のまま残ってます。木と土と紙でできた家が数百年もってるんですよ。しっかり手入れすれば、これほど強く長持ちして経年美の見られる建物はありません。

本物を見ておいてよかった。

つづく...  


Posted by Masakatsu Nishitani at 02:24Comments(0)

2012年03月01日

ブティック看板手描き

福岡市中央区荒戸にありますアメカジショップLAGNAさんのお店の看板を作成しました。本業ではありませんが、やろうと思えばこんなんもできます。レタリング得意です。


木板の下地にチャコペーパーで看板のデザインを複写します。


そして、直線はあらかじめマスキングをおこないます。曲線は手描きでいきます。


ペンキ塗装をおこないます。ムラが残らないように2度塗り。aの字がめんどくさかったです。


最近は手書きの看板もなかなかないし、いい感じや思います。このLAGNAさんで扱ってはるJohnson Motors, Inc.のTシャツめちゃカッコいいです。女性もののホリスターやアバクロものもかわいいのでオススメのお店です。お店訪問ついでに手描き看板も見てやって下さい。

  


Posted by Masakatsu Nishitani at 00:41Comments(0)