Posted by at

2015年03月25日

数寄屋研究 Sukiya study


数寄屋建築を学んでいます。以前、数寄屋住宅新築工事のお手伝いをさせて頂いた京都の建築文化研究所の八木先生を訪ね、指導を受けました。その後、先生のお薦めで、見て学ぶべきいくつかの数寄屋建築を教えてもらいましたので、見に行くことにしました。
I've been learning Sukiya architecture which is one of the Japanese architectural styles, and is characterized as a design of residential house in a teahouse style. Visited Mr. Yagi, Kenchiku Bunka Kenkyusyo, I supported his Sukiya project last year and received guidance from him. Due to his recommendation, decided to visit and study some Sukiya architectures in Kyoto.


まずは今出川にあります北村美術館。こちらに昭和数寄屋の傑作と言われてます四君子苑というところがあるのですが、公開は4月末ということで外からしか見れませんでした。
Firstly, visited Kitamura Museum in Imadegawa. There's "Shikunshien" which is regarded as a masterpiece of Sukiya in the Showa Era. Unfortunately this place is not ordinarily open to the public. Just took a photo.


こちらは二条城内部の清流園です。二軒の茶室と1000以上もの石が配置された池泉回遊式庭園です。
Secondly, visited Seiryu-en, Nijo Castle that has two tea houses and more than 1000 carefully arranged stones and a stroke-style garden around a big pond.


最後に南禅寺無鄰菴を訪ねました。ここは長州藩の奇兵隊から維新後、第三代内閣総理大臣になった山縣有朋の別邸であったそうです。ここはほんまに素晴らしかった。
Finally, visited Murinan was a villa built by political and military leader Yamagata Aritomo between 1894 and 1898. This is an outstanding place.


母屋からお庭を望みます。池泉回遊式庭園です。疎水を引き込んだ池や小川や滝が石組みや木と見事に調和しています。
View from the residence. The pond and fountain are harmonizing with splendid rock arrangement and trees.


無鄰菴の草庵茶室。茶室はなかなか建築の勉強だと言っても見させてもらえるものではありませんで、珍しくここは入口近くまでは見させてもらえます。中の雰囲気まで知ることができました。
Teahouse at Murinan. We hardly see a teahouse, but this place is rare, because I could see the inside of the house.


とても勉強になった数寄屋建築探訪でした。
Learnt a lot from this visit.




  


Posted by Masakatsu Nishitani at 22:13Comments(0)

2015年03月05日

店舗改装工事中 Nightclub redecoration

現在、市内の親富孝通りにありますナイトクラブ"Cream"さんの改装工事中です。計画ではオーナーさん、DJさんを踏まえてアイディアを出し合った結果、ステンレス素材にこだわり、無機質でクールな空間づくりを試みています。
Under the redecoration of the nightclub "Cream" along Oyafuko street in Fukuoka. Its owner, DJ and I discussed new ideas of design, as a result, we're trying to create an inorganic and a cool space that sticks to the stainless material.

その中のひとつ、新しいDJブースもステンレス板張りで、板の段差から光が溢れるようなイメージです。
This is the image of one of the stainless DJ booth that leaks light out from the gap between SUS plates.


実際の1/20の模型で光の洩れ方のシュミレーションをしました。
Did a simulation with 1/20 model to check how it leaks light out.


ステンレスの表情もヘアライン、バイブレーション、鏡面など異なる仕上げが入り混じり、それぞれ光の反射の仕方も異なります。オーナーさん、DJさんとステンレスの加工工場まで趣いて、実際のものを見て検討しました。
There're three different finishes called hairline, vibration and mirror on the SUS plates. Each finish produces different light reflection. We actually visited one SUS maker and check the real ones.

今週はバーカウンター、DJブースなどを改装しました。この週末に店はオープンしますが、また翌週に別部分の改装工事をおこないます。国際的な人気のあるクラブです。ぜひ見に来て下さい!
This redecoration has two processes, one will finish and the nightclub open this weekend, and then the next one will start. "Cream" is an international and a very popular nightclub in Fukuoka. Please check it out!


  


Posted by Masakatsu Nishitani at 00:03Comments(0)