Posted by at

2015年01月07日

日本庭園を学ぶ Japanese garden observation


造園の師匠である藍ランドスケープさんの日本庭園工事を見学しました。植栽や石の選定、配置、土、デザインなど作庭作法を工事がある度に学ばせて頂いてます。この日は雨が降っていたのですが、和の庭は雨が降るとまた情緒があり、滴る水の音や濡れた石、青々とした苔の表情は見るものを楽しませてくれます。
I visited the construction site of traditional Japanese garden by Ai Landscape Design Office and learned methods of gardening such as the selection of the plants and stones, its location, soil and design. I like the atmosphere of Japanese garden especially when it's rain. Having raindrops, surface of wet stones and moss gets more green, I feel so confortable with them.


黒い溶岩石の中に飛石と鉢のコントラストがあります。独特な形状の石を自然の形で手水鉢にされています。
Contrast between the black lava stones and stepping-stones, washbasin is amazing. The designer uses the unique stones as a natural washbasin.


枝垂れ桜?梅?どっちだったかな。和の庭を象徴する植栽のひとつです。地被を見ますとここでは苔の代わりにリュウノヒゲが植えられています。
Probably a weeping cherry tree or plum. One of the symbols of the Japanese garden. The soil is covered with mondo glass instead of moss.


蹲踞手水鉢と織部灯篭。水が滴る音が人を癒してくれます。
Traditional stone washbasin and lantern. Dripping sound of water drop makes us peaceful.


これはソメイヨシノ、桜です。若木を搬入することはありましたが、こんな大きな木を搬入することもあるのに驚きました。お庭までクレーン車を乗り入れて運んだそうです。春にはお家で花見ができます。羨ましい!
This is Somei-yoshino, the most popular cherry tree in Japan. I'd never seen such a huge planted tree brought into the house garden. The gardener used a big truck to bring it. I'm envy of hanami, party under the full bloom tree every year!

百聞は一見にしかず、現場を見ることは何冊もの本を勉強するのに値します。造園の師匠である藍ランドスケープさん、いつもありがとうございます。とても勉強になりました。
Not only learning from books, but also learning at the construction site is a worthwhile experience. A construction site is worth a thousand books. I'm thankful to my mentor, Ai Landscape Design Office. I've learned a lot.








  


Posted by Masakatsu Nishitani at 09:33Comments(0)