Posted by at

2012年12月31日

Proposals


今回工事完了したリノベーションにて、おまけ。今回、もともとあった古い木板の扉のドアノブを変えたいということで、クリスタルドアノブを提案しました。娘さんお二人ということもあって、可愛いのがいいかなっと思ったんです。しかし、これが奥様の趣味に合わず軽くボツ。あらためて建築の厳しさを知りました。
Completed renovation work in Munakata. There're some additional stories. Our client wanted to change the old door knobs. I then proposed a crystal doorknob. I thought the client's daughters would love cute one. However, that was not their mother's taste. It was easily turned down. Once again I realized how tough architecture.


既存の擁壁でこんなスペースがあったので、お客さんをお迎えする意味合いも込めて花壇にしてお花を植えることにしました。春になるとここにどんな花が咲くかといいますと...
There was a narrow space on the block wall. We made this space flowerbed to welcome visitors. Next Spring this flowerbed would be...


シバザクラが溢れてきます。
Moss Phlox would be overflowing from the flowerbed.


玄関照明を変えたいということで、アンティークショップを回りました。これ、カッコいい!って思ったのがこの照明。ニューヨークの工場にあったものだそうです。しかし、これもボツ!やっぱり厳しい。
I looked around some antique shops to propose the light at the front entrance of the house and found cool one which used somewhere in the factory in New York. This cool! I thought this was the lighting. It is likely that there was something to the factory in New York. However, my proposal was easily turned down again.


今回はこの裸電球が照明になりました。
This time the bare light bulb was adopted.


唯一、提案が受け入れられたものがこの牛乳箱。玄関よこのインターフォンをお庭の外側に移動させたいとのことでしたので、表の牛乳受けと組み合わせることに。これ、提案してみたものの、どうなんやろ?って思ってたものが即採用。建築は難しい。
Only the proposal immediately accepted by the client was the milk box on the photo. I didn't think this proposal was accepted. We moved the intercom from the enterance to the outside of the garden as our client's request and combined the milk box with the intercom.  


Posted by Masakatsu Nishitani at 00:55Comments(0)

2012年12月29日

緑の庭の家 Grunen garten haus


前回のブログに引き続き、宗像市のリノベーション。工事完了しました。これは和室を解体して、リビングにすっきりさせることにしました。
Following the last blog, remodel house work in Munakata, its construction was completed. Once broke up the Japanese-style room to remodel and combine with the living room.


とてもすっきり、広々としたシンプルなリビングになりました。
The room became simpler and more spacious than before.


窓の断熱性を改善し、サイズも拡大したものを既存サッシと入れ替えました。リビングからつながるデッキを新設。しかし、そこから見える殺風景はでした。
Replaced the old sash windows to the new one that improves thermal insulation and has expanded in size. Installed the wood deck beside the living room,but the garden was out of taste before.


リノベーション前はこのような状態。
Before the construction


植栽を入れて、緑豊かなお庭にすればこんな風になりますと、イメージ図を作成しました。外構まで予算が回らなかったところを、その重要性を説明し、なんとか外構工事に踏み込むことができました。
We created an image picture of the landscape. Our client won't to spend their budget to the garden, but we explained how important it was. Somehow the client allowed us to plant flowers and trees.


まずは、芝を地面に敷いていきます。
Firstly, laid lawn turf...



芝を敷き終えたら目土を撒きます。根付きをよくするためです。オリーブとレモンの木を植えました。
Prepared the soil for a new lawn. It is for the grass easily takes root. Planted olive and lemon trees.


パステルカラーの花が大好きなご家族のために、花壇を設置。花はビオラ、ノース、パンジー、ガーデンシクラメン等寒さに強いものを選びました。
Installed the flowerbed in the garden for the client's family who loves pastel colored flowers. We chose flowers like viola, swamp chrysanthemum, pansy, and cyclamen which have resistance to low-temperature.


牛乳箱をアンティーク調に作り、インターホンも設置しました。
Made the milk box with an antique paint, and installing the intercom.

  


Posted by Masakatsu Nishitani at 17:52Comments(0)

2012年12月10日

Remodel house interim report


宗像のリノベーション工事。リビングの窓を入れ替えたため、窓まわり外壁の補修が必要になります。しかし、一昔前のサイディング(外壁)は、廃盤となっていることが多いのですが、こういったリノベーション用に一部のメーカーは、昔の材料を製造しているので、既存と同等のもので補修できました。このあと、既存の壁の色を調合、塗装します。
Remodel house in Munakata, Japan. After exchanged new window sashes, we needed to repair the wall around the window. Mostly, production of the old sidings has already been discontinued, but a few manufactures still produce old one for remodeling houses. We're lucky. The painter will prepare the same color as the old wall.


また、古いお家はお風呂が狭いところが多く、このお家の場合、洗面所の壁を撤去移設し、窓も移設。そこへユニットバスを新設しました。
There are many old houses with narrow bathroom. In our case, we removed the walls and window sashes, then placed a new modular bathroom.


既存の合板床の上から、飫肥杉の無垢材を張りました。
Obi Cedar flooring installation. Put new flooring on the old laminate one.


建具は飫肥杉で造作。合板とは違う本物の木の扉です。
Our carpenter made the sliding door using Obi cedar. Different from plywood door. This is using real wood.


リビングと和室をつなぎ、窓を拡張したので、大きくなった窓からお庭全体が見えます。お施主様には、なんとか外構へ予算を回して下さいとお願いをしました。殺風景を風景に変えます!
Combined the tatami room with the living room, increased the size of windows you can see the whole garden through. Our client understood how important its landscape was and prepared the budget somehow. We're going to change the garden which is out of taste to the landscape of green.


ウッドデッキも飫肥杉。匠の塗油というごま油からできた塗料を使用しました。この物件は、床もデッキも大工さんが塗装。工事に入る業者を減らせばコスト削減になります。
Wood deck with Obi cedar. We use sesame oil as a water proof paint. Natural paint. Our carpenters painted the floor, this deck and doors to reduce labor costs of craftsmen.

つづく...
To be continued...  


Posted by Masakatsu Nishitani at 21:45Comments(0)

2012年12月04日

Obi cedar


宗像でのリノベーション工事で、お家前面のサッシの断熱性能を上げ、サイズも拡張する工事の風景です。
Renovation work in Munakata City. Replacing the larger aluminium sash window which has better heat insulation at the living room.


外構工事後は、大きくした窓から、緑に満ちたお庭が広がる計画です。
After the landscape construction, you'll see the full of green garden from those windows.


この物件では、ここに入ってもらっている大工の棟梁お墨付きの木材を使用しています。宮崎県飫肥産の飫肥杉です。木材の断面を見ると、芯から赤い部分が大部分を占めているのがわかります。赤い部分は樹脂が多く含まれているところで、耐久性・強靭性があり、湿気に強く腐れにくいのです。
We mostly use cedar wood materials which are our master carpenter's recommendation. The cedar is produced in Obi area, Miyazaki prefecture. You can see the red part that is rich in resin in the cross-section of the timber. It shows its excellence in durability. Moreover, resistance to moisture, less likely to rot.


この杉は、江戸時代より木造船の材料に使用されていたほどです。また、ひのきのように、飫肥杉の製材所は本当にいい香りがします。
The cedar had been used as the ship materials since Edo period. Like the scent of cypress, Obi cedar smells good.


棟梁の家もこの材料を使って、現在建設中。木材は、機械によるプレカットではなく、手刻みと言って、木材の継手・仕口をのみを使って大工が手作業でつくっています。手間はかかりますが、大工が木のくせを読みながら造作するので、理にかなった構造体を造っていくんです。
Our master carpenter has been building his own house with the cedar as well. He processes wood joints without the use of machinery, mostly made ​​by hand. It takes long time to process, but the carpenter reads habit of the tree, and knows the best way to makes good use of it that machines can not do.

飫肥杉。高級材ということではないんです。高品質・適正価格を実現しています。これからも活用していきたいと思います。
Obi cedar. Not too expensive, but good quality. I want to utilize this material from now on.  


Posted by Masakatsu Nishitani at 17:58Comments(0)