Posted by at

2011年06月24日

腰痛める。


腰は身体の中心部です。ここを痛めると何もやる気がなくなります。ラグビーの疲労からか、ぎっくり腰のような痛み。高校の頃、同じところを痛め、その時、お医者さんに「普通の人より横突起が大きい。」と言われ、それが神経に当たっていると言われました。また、そうなんかなぁ。ちなみに横突起とは、背骨の両側についているポコッと出てるところです。膝の内側靭帯を痛めていたのに、そっちが全然気にならないくらい腰が痛いです。しかも、風邪ひいて熱でました。今週はふんだりけったりです。こういう時もあるんすよねー。  


Posted by Masakatsu Nishitani at 12:53Comments(2)

2011年06月21日

建材開拓


先日、現在工事中のRC造のアパートのリノベーションで、デッキ工事をおこないました。今回、使用したのが"エコアコールウッド"という材料。通常の木材防腐剤と比較して分子量が小さいので木材への浸透性が高い。更に、この薬剤を加圧注入した後に、加熱して細胞壁にまで薬剤をしっかり浸透・固定します。

なぜそれが優れているのかといいますと、通常の防腐剤注入ですと、木の細胞内にあります細胞内腔という木の空洞部分にしか薬剤がいきわたりません。しかし、エコアコールの薬剤は木の本体である細胞壁に浸透・固定するんです。木材腐朽菌もシロアリもこの細胞壁を栄養としているんですから、これを守ることが重要なんすよね。


この3本の木、右からスギの無加工の素材、一般の防腐剤注入材、そしてエコアコールウッドです。この木の割れというのが木の劣化の大きな原因なんです。これらの木は8年経過しているんですが、エコアコールのみ木割れが発生していないそうです。

このエコアコールという木材、福岡は八女のスギやヒノキを使用しているそうです。地産地消という点で、九州の方にとってはエコな材料です。デッキ材は安価な外来の材料を使用することが多かったのですが、それと比較して若干値段は高いものの、その耐久性と費用対効果を考えればエコアコールを薦めたいという気持ちがあります。


最近では、世界遺産でもある宮島の厳島神社の土台でこの材料が使用されています。海に浸かってる部分に使用されているんですよ。それだけ耐久性が必要とされているところで採用されているんです。

やはり、建築士として、建物を造るときに選んで使用した材料が、10年、50年、100年経ったときにどうなるかというのを知っておかないとならない。だから、常にアンテナを張って、いい材料を探す時間をつくらなければならない。費用的にもただ高いだけではダメだし、費用対効果というのを常に念頭に置いて材料を探さなければならない、そう思うんです。

  


Posted by Masakatsu Nishitani at 13:51Comments(4)

2011年06月14日

豪雨でラグビー


もみくちゃです。このぐちゃぐちゃしてるところの一番下敷きになってます。久々のラグビーの試合でした。ほんまにびっくりするくらい楽しかったです。


雨の中のラグビー、38歳にして青春を味わえました。また、来月の試合に向けて頑張ります。走りこもっ。  


Posted by Masakatsu Nishitani at 22:56Comments(4)

2011年06月13日

フリマガ掲載!


日曜日は豪雨の中、ラグビーの試合がありまして、今日は全身に激痛が走っています。まぁ、それは置いといて、「Serende」という住宅・インテリア関連のお洒落なフリーマガジンに、設計施工をおこなった古民家リノベーション住宅を紹介してもらいました。


どちらかで見かけられましたら、是非見てみて下さい。  


Posted by Masakatsu Nishitani at 12:52Comments(0)

2011年06月09日

LDKじゃなくて、MLR


現在、リノベーション中の住宅で、ロックスターの部屋を造っています。音楽をされているご主人のギターをインテリアとして飾り、その他、レコードなども飾ってMLR(Music Living Room)を造る計画です。普通のLDKとはちょっと違います。壁に開いた大きな穴にギターをディスプレイします。大工さんに穴が円形になるように下地を組んでもらっています。


下地が完成して、ここに曲がりベニヤを張って湾曲させます。とても手間のかかる作業なのですが、この住宅の重要な部分でもあるので、この難しさに大工さんも燃え上がってくれてます。


完成イメージはこちら。このMLRは、外部のデッキへと続いていますので、友人を招いてBBQしながら音楽を楽しんだり、時には静かに音楽を楽しめるような、そんな空間を施主さんと造っていければと思っています。ギターやレコードのジャケットが、インテリアとして空間を彩ってくれることでしょう。楽しみです。  


Posted by Masakatsu Nishitani at 15:19Comments(0)

2011年06月08日

国際試合


この日曜日は大濠公園でタッチラグビーをしてきました。今回は、日本に遠征に来ていた韓国在住外国人チームとの対戦です。メンバーはすべて女性でしたが侮るなかれ。上手くて早い。体格も僕より上!


ちょっとした国際交流試合でした。めちゃめちゃ楽しかったです。世界共通であるスポーツを通じての国際交流。すごくいいことだと思います。  


Posted by Masakatsu Nishitani at 15:15Comments(2)

2011年06月03日

聖域


僕の聖域です。ここでボーっとするのが好きです。ハワイ行ったことないんですけど、僕の考えではハワイもこんな景色なんじゃないかと。ハワイに行きたい...
  


Posted by Masakatsu Nishitani at 12:53Comments(4)

2011年06月02日

クレーを知る。

先日、カンディンスキーという画家のブログで抽象画との出会いを書いたのですが、この画家つながりでパウル・クレーというスイス出身の画家を知りました。この人の絵にちょっと衝撃を受けました。彼の絵も抽象画というんでしょうか、絵本の絵のような感じ。こういう絵を描けるようになりたいんです...


無垢なこどもが描いたような絵。それでいて構成や色彩は大人な感じ。大人になってすさんでしまった僕の気持ちではこういう絵は描くことができないんだろうか。この絵にはほんとに魅かれます。なんでかなぁ。


このクレーの画集や絵本を入手、研究したいと思います。こんなん描けるようになるかなぁ...  


Posted by Masakatsu Nishitani at 22:08Comments(4)