Posted by at

2013年05月13日

Someone draws my trip


昨年、4ヶ月近くかけて南欧を中心にカフェやレストランなどの商業建築や積石造建築を学んできました。この旅の行く先々を写真撮影し、このブログ「地中海系建築士の南欧奮闘記」に載せていました。この写真は南フランスのゴルドという街。天空の城ラピュタのようでした。
Last year I had traveled around south Europe to study masonry and commercial architecture such as cafe and restaurants for four months . Updated those photos on my blog "Dairy of an architect in south Europe". This photo is Gordes in southeastern France. This town is like a castle in the sky.


この旅模様の景色を水彩画にしてくれている奈良の絵描きさんがいらっしゃいます。すごく感動しましたので、是非紹介したいと思いました。このゴルドのクロッキーです。木炭を使ってんのかな?
One artist in Nara saw my blog's photos and sketched the scenery of my trip. It was so moving that I like to introduce these drawings. Rough sketch of Gordes, might be using charcoal and watercolor.


同じく南仏のル・カストレという街。この路地の木漏れ日がすごく好きで写真に収めました。
La Castllet in south France. I like the alley under the sunlight filtering down through tree leaves.


水彩画でこんなにも木漏れ日がうまく表現ができるんだと感動。
I am impressed that how good she drew the light of the scenery with watercolors.


南仏のアヴィニョンにある教皇宮殿の黄昏どき。
Avignon in south France, Palace of the Popes at twilight.


水彩画で黄昏を表現してはる。また感動。
Expressing the twilight with watercolors. Amazing.


絶対に名前が覚えられないリル・シュル・ラ・ソルグというこれも南仏の街。アンティークが有名な街で、水がほんまに綺麗でした。
L'Isle-sur-la-Sorgue, the name I could never remember, in south France. This town is famous as antiques and water is so clear and beautiful.


水彩画にすることによってその景色の美しさが倍加しているようです。
Beauty of the scenery is doubled by drawing with watercolors.


ギリシャのサントリー二島。断崖絶壁の上部に白く輝いている街でした。
Santorini, Greece, white village above the cliff.


自分が見てきたとこがこんな風に表現できるねや、水彩画ってほんまにええなぁ、とただただ感動。
Realized that landscape I saw can be expressed in this way with watercolors. Choice!


ここはギリシャのミコノス島。三脚にカメラ固定してあそこまで走って写真撮りました。
Mykonos, Greece. Seated the camera on a tripod, then ran quickly and struck a pose at the place.


この絵、すごく好きです。旅の様子をこうやって描いてくれた方がいて、本当に嬉しいです。僕も絵を描くのが好きで建築の道に進みましたので、もっともっとこんな風に描いてみたいと、すごくいい刺激にもなりました。
I especially like this and am so pleased that someone draws my trip. I made a plunge into architecture field because I like drawing the most, so wish to draw like this. Got motivation from these drawings.

奈良のかもめアート倶楽部さん、すごい!
The artist is a teacher of Kamome art club in Nara. Brilliant!  


Posted by Masakatsu Nishitani at 13:06Comments(0)

2013年05月07日

My old school


先日、母校ラグビー部のOB戦に参加するため神戸に帰省しました。仕事も忙しかったので、ほぼ日帰り。懐かしいグラウンドです。20数年前はここでラグビーに励みました。色んなことを思い出します。
The other day went back to my old school in Kobe to play rugby with high shool old boys against students. I was so busy that I could stay there only a day. I had played rugby on this field when I was in high school. Lots of good memories here. Bad ones too.


OBが現役の高校生と対戦しました。僕も全力でプレーしました。先輩、同級生、後輩らと一緒にラグビーを楽しむ。こんな幸せなことはありません。でも土のグランウンドは痛いな。
Did all my best to play rugby against high school boys. Enjoying rugby with senior, young and all school mates is one of the happiest moment. However, easy to get scars on this sandy field and sore everywhere.


試合が終わった後は、母校の坂の下にあるイヅミーのお好み焼きを食べる。高校の時からずっと続けてます。
Having Okonomiyaki after rugby. I've continued this routine since I was in high school.


夜は垂水の街へ同級生3人と繰り出す。同級生がやってるお店、PUPAとSignへ。めっちゃ楽しかったです。
Going out with rugby mates, visited the bars "PUPA" and "Sign" whose owners are also school mates. Cool mates and cool bars. Awesome trip to my hometown.  


Posted by Masakatsu Nishitani at 15:20Comments(2)

2013年05月06日

Clubhouse renovation


某プロラグビーチームのクラブハウス内装工事をおこないました。棟梁がいい仕事をするための刃物の手入れをおこなっていました。
Completed the sports clubhouse renovation of the proffessional rugby team. Our master carpenter was preparing his tools for good works.


もともと治療室であったこの部屋を...
Used to be a treatment room...


畳敷のリラックススペースに。畳外周は飫肥木の無垢材です。
Changed to the relax room. Cedar floor surrounds the tatami. Tatami is a type of mat used as a flooring material, traditionally made of rice straw to form the core with a covering of woven soft rush straw.


玄関ホールは...
Entrance hall is...


床の張り替えと建具の交換をおこないました。建具は無垢材の造作です。
Redecorated the floor and doors. The doors are made of natural cedar wood.


階段の架け替えもおこないました。
Installed the new stairs.


ささら桁がワイルドです。
Stairs bridgeboard has rough texture.


もともとのロッカールームはこんな感じ。巨漢のラガーマンにはちと小さい。
Old sports lockers, but narrow for massive rugby players.


間口を広げ、ベンチも一体化させました。
Expanded the width of lockers which is integrated with the bench.


木の造作スポーツロッカーは、一般的な鋼製ロッカーの1/3以下のコストでできました。
Succeeded in 1/3 cost reduction to make a wooden locker compare to iron or aluminium one.


飫肥杉で事務室と応接室の可動間仕切りをつくりました。
Movable partition wall made of the local cedar.


ラグビーに励んでいた日々を思い出しました。
This field reminds me of the days of playing rugby.  


Posted by Masakatsu Nishitani at 10:12Comments(2)