Posted by at

2012年04月29日

ミコノスの街並み Townscape in Mykonos


ミコノス島の夜はほんと凍え死ぬかと思ったくらい寒かった。壁12mmですからね。しゃぁない。さぁ、一夜明けてミコノス島の街並みを拝見。実はこのキクラデス諸島は物心ついたときから行きたいと思っていた街です。分厚いキクラデスの写真集も5冊あります。日中は日差しがきつくて結構暑いんですよ。
I was almost frozen to death last night, because the thickness of plywood is only 12mm. It can't be helped. I could wake up somehow, I then went to Mykonos town. Actually the Cyclades Islands were the places I've been dreaming as long as I can remenber. I've got five thick photo collections. Finally, I'm here! During the daytime, it's so hot in the beating sun. This reminds me NZ weather, four seasons in a day.


街並みは真っ白です。この土地では石灰岩がよく採れるので、それをペースト状にしたものを塗っているようです。生石灰クリームでしょう。漆喰とは違います。漆喰には海藻糊やすさが混ざっています。この白さに空と海の青さがよく映えます。
The ownscape is all white! Limestone has been easily mined here, using quick lime paint for walls and roads. It's different from Japanese "Shikkui" which contains natural wood fibers and seaweed paste for plastering. These white houses make a beautiful contrast with a blue sky and sea.


ここが「リトル・ヴェニス」と呼ばれているところです。日本で言うところの「小京都」ですね。この周辺にはレストランやバーが並んでいます。まだ、観光シーズンではないので、人はまばらです。海の綺麗さは福岡の糸島くらいです。
This place is called "Little Venice". It's like "Little Kyoto" we say. The streets along sea were lined with restaurants.This time in April is not a tourist season, so it's rather quiet. Visibility of sea water here is the same as Itoshima's in Fukuoka.


路地を抜けて坂を上がって行きました。路地と坂。日本で言うところの尾道ですね。だいぶ雰囲気違いますけど。
Alleyways and slopes ... I can say here is like Onomichi in Japan, but the atomosphere is totally different though.


坂を登ると街の全貌が見渡せます。真っ白に統一されています。日本の街並みも戦争までは漆喰白壁に木と瓦屋根で統一されてさぞ綺麗だったことでしょう。
Up to the hill, you can see all townscape of Mykonos town. The colors of house are unified into white. Our old townscape before WWⅡwere also unified into white limestone and wooden walls and silver tiles, It must have been beautiful.


こんな路地があちこちに張り巡らされ、まるで迷路です。iPadの調子が悪く、完全に迷いました。やっぱハナからパソコンに頼ってたらダメですね。旅とは地図もってあっちこっち行くのがいいんでしょう。でも、周りの観光客の人は全然地図もってはらへんのですよ。なんか、僕も地図見ながら歩くのが恥ずかしくなって、途中でやめました。案の定、街から抜け出せなくなりました。
alleyways are everywhere like a labyrinth. My iPad was something wrong, I used my instinct, but didn't work. Any travellers shouldn't rely on an internet too much. Travel supposed to be the way walking around, losing your way and having emotion when you finally get a destination. I always bring map and often check it, but any other tourist didn't bring a map. I then was embarrassed ans stoped taking a map. As a result, I couldn't go home.


なんやかんやで日も暮れていい切ない時間になってきました。やっとタクシー乗り場が見つかったので、帰ることにしました。バスもうなくなってた。4時半が最終て、早!
Romantic sunset came, I didn't need it in this trip. I finally found a taxi and went home, my thin 12mm wall cottage. The last bus was 16:30. Too early mate!





  


Posted by Masakatsu Nishitani at 05:21Comments(2)

2012年04月28日

キクラデスは好きや。 I love Cyclades

今考えれば昨日のぼったくりにあった時のおっちゃん、もしかしてグルかなぁ。そんな人には見えなんだけどなぁ。もう、人間不信になりそうです。もう誰も信じへん。
It suddenly came upon me that the old man I met yeasterday might be the part of rip-off people. He didn' look like that... Now I don't believe anyone.


キクラデスとは、ギリシャ領の200からなる島々の総称です。紀元前3200年には、もうそこには文明がありました。アテネからバスに乗って1時間ほどしたところにラフィナという港がありまして、そこからキクラデス諸島の中のミコノスという島にジェットキャットという高速船で行くことにしました。船賃¥5500くらいで2時間で着きます。途中で経由したティノス島が見えます。
Around 200 Greek islands are generically called "Cyclades". There had been a Cyclades civilization since B.C.3200. I took a bus from Athens to Rafina port, then took a Jet Cat to Mykonos via Tinos on the above photo. It costs about 52 euros, takes 2 hours.


宿はミコノスタウンという中心地からちょっと離れたとこ。失敗した。早速、晩ご飯食べることにしました。独りで。レストランには猫があちこちに。ほんまにギリシャは猫が多いんすね。
I book a cheap hostel but far away from the centre of town. Damn it! After I got here, had a dinner by my self off course, alone alone alone... That's true you can see cats are everywhere..


こっち来て、どこ行ってもなかなか野菜を食べさせてもらえなかったんですが、ここではガッツリ食えました。ギリシャもケバブ屋さん多いです。トルコの料理や思ってたらギリシャでもよく見ます。ケバブはなかなか失敗がないからええです。困った時のケバブ。サラダのドレッシング美味しない。ピエトロドレッシング欲しい...
I couldn't find the place where I could eat veges after I came to Europe, but finally I had heaps of them. Kebab restraurants are easily found out in Greece. I've never failed about a meal when I had kebabs. However, the salad cream is not so good, I need Pietro's dressing instead...


今回の宿。リゾート地にも関わらず1泊¥1500。クチコミに「4月に行くなら厚着を」と書いてあったので、そんなんたいしたことないわ思ってたら... 意味がわかった。このプレハブみたいなんコンパネ(板)でできたますよ。しかも隙間だらけ。やっと地中海に来たと思ったのに、海風めっちゃサブいし。
Event though Mykonos is the tourist place, I could find out cheap accomodation which costs 14 euros. I saw a review about this place, and someone said "You gotta keep warm in April ..." I though I don't care... When I arrived here I tottally understood the warning. The cottage, my room made of thin plywood with some cracks. I can't believe that I'm in Aegean Sea, sooooooo cold.


この日暮時は一人旅には堪えます。
This sunset makes me feel solitary...  


Posted by Masakatsu Nishitani at 06:23Comments(2)

2012年04月27日

アテネ嫌いや。 I hate Athens. 

ギリシャでも地下鉄で移動してますが、東欧もギリシャも改札は無人で、切符は片道は一律¥150~200です。あとは1日券とか3日券などがあります。これ切符買わんでもええやん思ってたら稀に切符チェックしにくるようです。一応、ホームの入口には切符の差込口があって、そこで最初に入った時間が刻印されます。しかし、アテネの中心街にいますが、街が汚い。落書き多いし、おっさん唾吐きまくるわ、タバコはポイ捨てするわで、こらあきませんわ。
I always use Metro in Greece. No examiner at the ticket gate, so I think it's easy to have a free ride. I've heard sometimes examiners check tickets on train. The centre of city where I'm staying is messy. So many graffiti on the walls, people spit and throw cigars away everywhere.


ギリシャに着いてから、特に街は見るもんもないから、自分の設計物件の写真集としてポートフォリオの仕上げをしてました。東欧では一日中、建築を見て廻っていたのではかどらず、やっと仕上げることができました。日本発つ前にやっとけよ!っちゅー話です。
I've just finished to revise my portfolio, I should have done it before I left Japan.


しかし、印刷と製本を依頼するのは一苦労。製本も紙質をよくしたり、コイルでバインドしたりせなあかんかったので、自分なりに辞書を見ながらギリシャ語で文章をつくって、ホテルのロビーの人に修正してもらいました。ちなみに辞書はiPadにアプリをダウンロードしてます。宿泊してる"Hotel Pergamos"のロビーの人や掃除のおばちゃんとか、みんなめっちゃいい人です。この翻訳手伝いもめっちゃ真剣になって答えてくれてました。お店の人にみせたらバッチリ通じましたね。
It was tough for me to ask copy shop to print and bind a booklet. I translated into Greek language and wrote it down.
The front desk clerk help to me to check my sentense and fix it. These people in my hotel are awesome. "Hotel Pergamos"! Due to her help, the shop's cleark could understand what I tried to tell them.


アクロポリスにパルテノン神殿を見に行くことに。この辺りは観光地化されて、レストランやお土産屋さんが並び、街もキレイです。ここも店舗の中は薄暗いです。でも、すごく雰囲気あっていいですね。おじさんが、僕の潰れてる右耳を見て、「相撲をやってるのか?」と話かけてきました。そんな太ってないっちゅーねん!とにかくおじさんが一杯飲もうというので、ビール一杯くらいならとバーに入ることにしました。
I was going to Acropolis, the place around here is very beautiful and good sightseeing area. One old guy talked to me and asked me why I've got a cauliflower ear, because of Sumo? ...I'm not that fat.


ギリシャなのに「ハリウッドバー」という一見、普通のバー。おじさんがギリシャの地酒を頼み、僕はギリシャのビールを注文して色々喋ってました。そしたら、2人のオバハンとおねーちゃんが横に座り、ギリシャ語でやいやい言いながら話に加わってきました。「一緒に飲んでいい?」と言われたので、「どうぞ。」と会話をしてましたら、しばらくして「もう一杯飲んでいい?」みたいな感じのことを言っていたので、ヤバイ…と思ったんです。一緒に飲んでいい?っていうのは僕たちがおごりで飲んでいいか?ってことやったんです。なんか、シャンパン飲んでましたもん。おじさんが全部払おうとしたので、半分僕も払いますってきた請求がなんとビール一杯でぼったくり!やられました。こんなおじいちゃんと一人旅観光客相手にぼったくるとは最低や。めっちゃ凹んでます。もっと言い返せばよかった。こういうとこ僕も気がちっちゃいんです。もうアテネ大っ嫌いや。
The old man and I went to a bar called "Hollywood" even in Greece. I ordered one bottle of local beer, then old ladies were sitting beside us, she then said something like "Can we join?" and they had a couple of shampagne. When we payed for our drink, I finally realised those champanes were our shout. I had a rip-off. Jesus Christ! I was so dissapointed. I should have said something to them. I'm useless. Now I hate Athens.



お店を出たあと色々ギリシャの見所を教えてくれたおじさんも、何か申し訳なさそうな感じにしてました。まぁ、これからは店入る時はめっちゃ警戒して入ることにします。おじさんとは別れて、さぁ、気を取り直してパルテノン神殿見に行こうっ!思ったら4時になったら入れない。うそーん!遠目にパルテノン神殿を見ながら帰ることに。もうほんまに凹んでます。明日は早朝からキクラデスの島々に移動します。凹むー。
I've learnt something. Never do that again. I separated from the old man and was going to Acropolis. Shiiiiiiiittttt! It was closed already! I took a photo of litte tiny Parthenon from a distance. I feel down again. I'm off to Cyclades tomorrow. I'm sooooo depressed ...

もうアテネには来ん!  


Posted by Masakatsu Nishitani at 04:34Comments(6)

2012年04月24日

いざ、ギリシャへ! Let's get started!

ウィーンから、当初は鉄道で南へブタペスト、ベオグラード、ソフィア、テッサロキ二、アテネと乗り継いで行くつもりだったんですが、なんせ、その1区間が6~8時間もかかるので、飛行機で一気にアテネまで行くことにしました。航空運賃はフランクフルト経由で¥15,000程度。ルフトハンザ航空です。電車乗り継いで行くより高いでしょうが、そないに値段変わらんのやないか思います。
I was going to Athen via Budapest, Beograd, Sofija and Thessaloniki, but it takes 6 - 8 hours in each section of the station. I decided to choose a Lufthansa flight to Athens. It costs about 140 euros, not that bad.


フランクフルトで買った洋梨のソーダ。海外のジュースにしては薄甘くて美味しいです。500mlボトルで¥200ちょっとしますから、日本のジュースの方が安いですね。
This flight's via Frankfurt, and I bought a bottle of pear flavor soda. Taste's quite plain, it's little expansive 2
euros compared to Japanese one.


5時間くらいのフライトだったと思います。飛行機の中では「観光革命~スペインに学ぶ地域活性化」という本を読みました。"ものづくり"で国際的な競争力を持っていた日本が、中国を始めアジア各国の追い上げによって失いつつあるものを、観光によって国を盛り返すべきだ!というものです。ちなみに2010年度の外国人訪問者数、日本は30位ですよ。こんな安全で、自然も多いし、歴史のある国がですよ。もちろん先進国の中ではドンケツみたいなもん。中国は数年前まで5位以下くらいに甘んじてたのが、この調査では2位にまでのし上がってきてます。改めて日本の観光のあり方を考えさせられました。なんぼ下手くそやねん!1位はフランスです。
I read the book "Tourism Revorution - Learning from Spain about local revitalization" during my 5 hours flight. The outline of this book is "We have built this country rely on manufacturing products, but now we're losing international competitive due to the rise of other Asian countries like China. To regain competitive, improving tourism industry should be the one option." Our place in numbers of alien visitors is 30th according to statistics in 2010. Our country's safe, lords of nature and historical places, but 30th! It's like the bottom of advanced nation. Useless! We have to rethink how our tourism should be.


アテネ国際空港に到着。立派な空港なんですが、やたら警備員や警察官が目につきます。経済情勢が悪いせいか。かなりビビってます。
I arrived at Athens International Airport. Accidentaly, I often see police and security guards. Is it due to economic crisis? I'm scared...


空港から街の中心地にあるホテルまでメトロという電車に乗って行くことにしました。プラットホームに行ってこの表示があったので、"Egaleo"という自分の乗る電車とは違うんや思って、電車を見送ってましたら、なんとこれが、ギリシャ語で"Egaleo"と読むそうなんです。プラットホームで待ってる人はみんな電車に乗って、見送ってるのは自分だけなんで、気づきました。
I tried to take Metro to get the centre of city. When I came down to the platform, I saw the above sign of destination. I wanted to take a train to "Egaleo", I though it was different, but actually it was "Egaleo" in Greek. I missed some trains because of that.


ホテルに到着。1泊¥1900程度の安宿ですけど、僕にとっては十分過ぎるくらい。もっと安いとこ探して良さそうです。個室です。先日の事件があって、相部屋恐怖症になりました。まぁ、そうも言うてられませんが。しばらくアテネでポートフォリオを修正したり、キクラデス諸島に行く準備をします。
This is my room cost's about 18 euros per night. It's enough for me, I should look for cheaper one. I chose a private room after the incident. Mixed dorm-phobia... I'll stay in Athens a couple of days to revise my portfolio and preparing to visit Kyklades.

  


Posted by Masakatsu Nishitani at 17:46Comments(0)

2012年04月23日

東欧の建築現場 Construction site


プラハ旧市街の中の建物の改修工事。壁から中の構造が見えます。ブロックを積んでいく積石造と思いきや、鋼製のフレームで補強されてます。ブロックの上からモルタルを塗って、塗装仕上げで完成のようです。壁の下地は日本の左官さんのようにコテを持っていたので、塗り広げていくんかなぁ思ったら、コテに乗せたモルタルを壁に投げつけるんです。雑ー!それが、壁にペタッと着く。それを4回ほど繰り返して凹凸のある下地ができます。その凹凸があると仕上げのモルタルが壁に定着しやすいそうです。日本の左官技術の方がすごいです。
Construction site at old town in Prague. Basically masonry structure but iron flames reinforce the walls. On the bricks wall, plasterer throw mortar at the walls with a trowel, it then makes bumps, finally laying the wall on with a trowel. Japanese plasterer has better skills.


なんと壁は石なんですけど、屋根は木造なんですね。
The building has masonry structure, but the part of roof is timbered.


一方、プラハの近代的なビルの造り。でも、下地はブロック造でその上に断熱材、おそらく10~15cm厚のロックウールを張り付けてます。外断熱ですね。その上にアルミのフレームがあるので、サイディング(壁材)でもこれから張るんでしょうか。ブロックの中に配筋通ってるんでしょうが、地震には弱いでしょうね。地震ないみたいなんでいいんでしょうね。
On the other hand, I could see modern building in construction. Based on masonry, coverd with insulator on the wall. I don't think its structure has enogh earthquake-proof, but they don't need it cuz no earthquake.


これはウィーンの建築現場です。構造は見えなかったですが、鉄筋コンクリート造っぽい。ポリスチレン系?の断熱材を張り終えたようです。建物周りの足場見てたんですが、簡単に上げ下げできる階段と、足場には出入口が付いて開閉可能です。すごく昇降が楽そうです。日本でもこれ取り入れたらいいのに。狭小地でも階段設置位置に困りませんよ。
Vienna's construction site, looked like RC structure. After they put insulator, plasterers are painting mortar on the walls. You can see scaffold around the building, it seems easy to move up and down. Japan should introduce this item to our construction site. We don't need to worry about the space putting stairs in our small and narrow land.


外壁の断熱ボードの上に直にモルタル塗りをしてはりました。ボードの継ぎ目には、ひび割れ防止の寒冷紗テープ(網テープ)を貼ってます。左官コテの形は日本とは違うようです。
Plasterers put net on joints of the board, same as Japan, and paint mortar directly to insulation board. The shape of trowel is different from ours.


別の鉄筋コンクリート造の現場側にあった断熱材はロックウールですね。これなら読めます。コンクリート工事は日本とそう変わりません。
Now I can read "ROCKWOOL" in Vienna. RC construction site is almost the same as Japan.


ウィーンの中心地にありますシュテファン大聖堂も改修工事中。しかし、足場周りのシートには工事前の教会の壁面写真が印刷されています。洒落とんねー。
Stephansdom, the cathedral in the middle of Vienna is on repair works. You can see the cathedral on sound-proof sheets on the walls. Cool eh!

これで、プラハとウィーンの伝統建築の勉強は終わりです。これから本来の目的地である地中海沿岸に向います。まずはギリシャへ。
I've just finished studying historical architecture here, I'm then going to my destination, the Meditterranean, starting from Greece!  


Posted by Masakatsu Nishitani at 19:46Comments(4)

2012年04月23日

ふんでるとぶぁっさー!Hundertwasser!


ウィーンで泊まったユースホステル。1泊¥2500くらいやのにかなりキレイ。食堂横で学生たちが音楽を奏でていました。ウィーンといえば音楽、どっかの国から勉強しに来たんでしょうね。僕もイタリア行ったらオペラやりたいなぁ。ちなみに1人やった部屋に2人の女の子が入って来まして、たまたま部屋に入るタイミングが一緒やったので、挨拶したらナンパと間違えられてドォーンッ!ってドア閉められたんです。ノックしても出てこず、カードキーで開けて入ろうとしたらまたドア閉められ、ルームメイトだという説明をしてやっと部屋に入れてくれました。ほんまこういうの凹むわ。せっかくルームメイトができたと思ったのに、その後はお互い気まずく会話などあるはずもなく...
The hostel I stayed cost about 20 euros per night, very clean and brand-new for the charge. Students played music at dinning room. It reminds me Vienna is a classic music city. I'm gonna learn real opra in Italy! Accidentaly, I first met my room mate and tried to say hello, but she thought I was trying to hunt her, then "Bang!" She didn't let me in. I explained her I'm your room mate, finally could get into the room. No conversation after the incident... Wanna go home!


周りに調和してない建築物が現れました。ここウィーンで見たかったのがフンデルトヴァッサーという画家兼建築家の共同住宅です。こどものお絵かきの絵をそのまま建築にしたような家。直線を嫌い、「自然の中に唯一存在しないものが直線である。社会や文化が存在しないこの直線に基づいているとすれば、やがてすべては崩壊するだろう」というのは彼の有名な言葉です。彼の建築を見ていると直線がほとんどありません。
I saw the apartment house which out of proportion with the reighbors. Designed by Hundertwasser, famous Vienna architect and artist. Its design is like kids paint. He hated straight line, and once he said,“The straight line is something cowardly drawn with a rule, without thought or feeling; it is a line which does not exist in nature…. The straight line is the forbidden fruit.”It's ovbious in this place.


ここは、クンスト・ハウス・ヴィーンといいまして、共同住宅ですが、一部、彼の美術館になってます。家から木が飛び出しています。中から見ると、窓の外に土が入ってるスペースがあって、そこから外に向けて植裁が育ってます。誘導したのか、ほっといても光を求めてこう育っていったのかわかりません。不規則なタイル貼りも特徴的です。
This is called "Kunst Haus Wien", part of this apartment is his museum. The trees burst out of a room, the tile work's unique.


1階にあるカフェです。これまた温室のように植物が生い茂ってます。周りの家には調和してないけど、自然とは調和してるんですね。柱もひとつとして同じ寸法、形状のものがないらしいです。造るひと大変や。外の廊下なんか凸凹あってすごいですよ。
Cafe at the ground floor like greenhouse. This building is out of harmony with neighbors but in harmony with nature. There's not the same pillar at all and bumps everywhere on the floor.


そして、これがフンデルトヴァッサーハウスという共同住宅です。実際に人が住んではるので、中は未公開です。また木が飛び出しています。でも、デザインは独特で、見ててすごく楽しくなります。しかし、どデカイ木が住宅のテラスに育っているんですが、これだけの木になると相当な土の量と深さが必要になります。昔の防水技術が木の根っこにやられて漏水とかない心配ですけど、すごく自然に調和していいですね。できるもんやねんなぁ思いました。
"Hundertwasserhaus" private apartment. You can't see inside. The big, massive trees grow up on the terrace, it must need lords amount of earth and depth, but actually it grows.


ここ建てるのに、周辺市民の反対があって、依頼から完成まで9年の歳月を費やしたそうです。奇才の作品はなかなか認めてもらえないんでしょうが、今となっては観光客も見に来るし、馴染んでいいんやないですか。僕はこの自然と調和している可愛いおもちゃみたいな家、大好きです。楳図かずおの家も馴染むんやろか... ないな。
It took 9 years to build it due to neighbor's objection. Once people hated too unique, but now this place attracts people all over the world. Harmony with nature, kid's paint or toys-like design, I like it.  


Posted by Masakatsu Nishitani at 05:56Comments(4)

2012年04月21日

店舗設計を学ぶ~カフェ編~

カフェやレストランの中に入って、ウィーンの店舗デザインを見たいんですが、いまだにお店入るのにドキドキします。あまり人の多いところは避けてます。人見知りやないんですけど。


昨日、回ったアルベティーナ美術館の側に、パルメンハウスというカフェレストランがありました。もともと皇帝の温室植物園だったものを改装したそうで、植裁が室内に生い茂って、いい音楽も流れてとてもリラックスできる雰囲気です。周りに美術館が集中していますので、鑑賞疲れに一息つくのにいいと思います。メニューみてもさっぱりわからんので、愛想のいい兄ちゃんにオーダーを任せます。最近は、お店の人にウィーンの地元料理を食べたい!って言うようにしてます。何かしら薦めてくれますので。


カフェレストランでの注文では、いつも"本日のスープ"を頼んでます。こっちのスープは何でも美味しいんです。いつも何が来るかわかrんし、でできても何でできてるのかもわからんのです。


メインは鱒のソテーに緑豆?の潰したようなの添えです。豆言うてますけど定かではありません。ごっつい鱒が取れるんですね。美味しかったです。


ここはアマリングバイスルというカフェバー。僕、いつも店員さんのとこまで行って、席についていいですか?っていつも聞いてたんですけどその必要はないようです。空いてる席に先着いてていいようで。混んでる時は確認した方がいいんですけど、僕は混むところは避けますので。本日のオススメが黒板に書いてあるんですが、全然わかりません。オーストリアの方ってドイツ語を喋りはるんも知らなかった。


また、愛嬌のある兄ちゃんが来てくれまして、いつもの通り郷土料理をお願い。そして、いつもの"本日のスープ"。これ、めっちゃ美味かったです。勿論、何が入っているかはわかりません。ほんま、食のリポートになりゃしません。たぶんトマト?


メインはウィーンの郷土料理で、小麦粉?でできたパスタ生地が天かすみたいなサイズになってて、ビーフシチューみたいなのがかかってます。これもめっちゃ美味しいですよ。店の兄ちゃんが「どや、美味いでっしゃろ?」みたいな感じで見てくるのでニンマリ微笑み返します。


ここもツタ系の植裁が上から横から生い茂っていて、前述のお店もそうですけど、うまくお店と緑をうまく調和してはっててとても素敵です。また、こういうパテオ的やテラス的な空間が好きなんでしょう、寒くても我慢してあえて外で食うてはる気がします。ほんまにとても落ち着くいい空間でした。

ウィーンは食事の料金、日本と比べてちょっと高い気がします。チップは料金の10%程度だそうです。まぁ、あれくらいようしてくれたらその価値はあると思います。勉強になりました。  


Posted by Masakatsu Nishitani at 20:08Comments(2)

2012年04月21日

クリムトめぐり

南欧奮闘記と言うてますけど、まだ東欧にいます。ウィーンでは、ある建築家の設計した共同住宅と、ある画家の絵を見ること、そして美術館やカフェのつくりを見て学ぶのが目的です。


まず、最初に訪れたのがベルベデール美術館。オーストリアの画家、グスタフ・クリムトの"接吻"という作品が所蔵されています。


これが"接吻"。ウィーンではかなり愛されている画家のようで、どこ行っても彼の展示があるんです。クリムトはウィーン分離派という新しい造形表現を主張する芸術家グループの一員です。ようわかりませんが、この絵は大好きです。


次に来たのが、アルベルティーナ美術館。伝統建築である宮殿の上に近代的な軒が飛び出しているのが特徴的です。


ここでは、クリムトの素描展をやっていました。かなり書き込んでる感のあるデッサンが多く見られ、とても見ごたえがありました。クリムトの作品の他にも、ゴーギャン、モネ、セザンヌなどの印象派画家の絵も見ることができます。


んにゃぁーっ!ケンタウルスが殴られる。ここは、美術史美術館の中。豪華な装飾のある吹き抜けが中央にありますが、その梁と柱の間のアーチ部分に描かれた絵がクリムトによるものだそうです。もうあんまり豪華なのは、見過ぎてもういいですわ。あんなん造られへんし。


その他に、この美術館で印象的だったのは、ドガのパステル画。踊り子の絵が有名なんで、踊り子さんをモチーフに描いた絵が多くあります。パステル画の柔らかい表現がとても好きです。モネもそうなんすけど、同系色ではない、色合いの異なる反対色を使ってるのに、普通は色が混ざるごとにどんどん汚くなっていくところを、何であんなにうまくまとめてるのか。ほんまにすごいな思います。色について彼らから学ぶことは多いです。


最後に訪れたのがレオポルト美術館。キュービックな建物で、外も中もとてもスッキリしたデザインです。


絵を見るのにもこのぐらいスッキリしていた方が見やすい。美術史美術館には壁一面、宗教画が敷き詰めてありましたから。疲れるんです。こっちの方がいいです。


ここでも、クリムトの展示が多くみられました。でも、ここで気になった絵が、このエゴン・シーレという画家のポスター。彼は独特の画風をもつオーストリアの代表的画家です。

クリムトめぐりって、かなり浮気してますが、クリムトを始め、色んな画家の個性ある画風が見れるのはいいことです。絵を見る時は、画家がどうやって描いているかをイメージしながら見ます。手法も確認します。建築でも人にインパクトを与える絵を描くというのは大事なことですから、これらの鑑賞がそういった表現をしていくための糧になると思います。  


Posted by Masakatsu Nishitani at 06:41Comments(0)

2012年04月20日

ウィーンへ移動


プラハの街はこの赤瓦が特徴的です。街の屋根色が統一され、とても綺麗です。ヨーロッパには多いんですけど、瓦が赤い理由は原料の土のせいなのか?わかりません。調べてみたいと思います。前から何度も言ってますが、日本だって屋根が瓦屋根で統一されてたらどれだけ綺麗か。昔の日本は負けてへん思います。今は完敗ですけど。


プラハでは古典的な建築様式を勉強することができました。街自体が建築の博物館のようですから、違いがよくわかります。宿主のロンおじさんと別れを惜しみながら、これでプラハを後にすることにしました。とても美しい街でした。数ヶ月後、帰りはプラハからになるので、また戻ってきます。チェコの人を見て感じたんですが、結構目つきが鋭い人多い気がします。怒ってんのかなって思うくらい。でも、路面電車なんか乗ってると、ご老人が乗車してくるとすごい勢いで席ゆずりはるんです。実はみんな優しいんです。


体育会系の車窓からです。プラハからウィーンへは電車に乗って移動。ウィーンって、ウィーン○×駅ってウィーンの後に名前が着いてる駅がいくつかあって混乱します。車掌さんに2等車両どこですかと尋ねて乗車。エコノミーって言ったら通じませんでした。時間は4時間半。乗車中、前のグラサンのおっさんにずっと見られているようで怖かったです。チェコで買ったSIMカードを入れたまま、ヨーロッパ圏内では、このままインターネット使えるんちゃうかな思ったんですけど、やっぱり国境越えたあたりで使えなくなりました。パスポートのチェックはありません。


郊外の風景はヨーロッパのどこ行ってもだいたい同じですね。ずーっと、延々とこの景色。ウィーンに到着してから、宿までは地下鉄で移動することに。しかし、日本発つ前に買った新品のバッグの取っ手が、ここに来てまた完全にぶった切れたんです。何でねんっ!やっぱメイドインジャパンにすればよかった。券売機の買い方がようわからんで、窓口で買うことに。日本みたいに目的地で買うんやなくて、24時間とか48時間とか時間制限で買うみたいです。時間内であれば乗り放題。1回乗るだけなら約¥180です。


ウィーンでは話相手が欲しかったので、市内のユースホステルに滞在することにしました。1泊¥2500くらいです。予想以上に立派で綺麗です。僕の場合、もうちょっと汚くても大丈夫なんですが。しかし、4人部屋のはずなのに誰もいない... 切ないっす。まだ、ヨーロッパ来てからロンおじさん以外誰とも友達になってません。  


Posted by Masakatsu Nishitani at 07:32Comments(2)

2012年04月19日

プラハの店舗ファサード


店舗設計のアイディアをもらうためにお店のファサードの写真を撮って集めています。この日もプラハの旧市街を中心に写真を撮って歩き回ることにしました。その前に腹ごしらえ。"マロストランスカ・ピブニツェ"という言いにくい名前のお店に入りました。また、ドキドキしながらお店に入ると、愛嬌のあるおねえさんが対応してくれ、救われました。色々、地元の美味しいものをということで注文を手伝ってもらって出てきたのがこれ!チェコ風ポークカツレツと、再び丸天がでてきました。この丸天、前回のブログでも出てきましたが、やっぱり名物みたいですね。ポテトに香草みたいなんが入ってて美味しかったです。食のコメントはあきませんわ。美味しいっていう言葉しか出てきません。


これはガラクタといいますか、アンティーク屋さんのファサード。ちなみにファサードとは建物の正面のデザインのことをいいます。ガラクタオブジェの看板が素敵です。


これはプラハの名物のマリオネットです。操り人形のことです。なんかほんまに魂が宿っていそうな人形です。かわいいんですけど。マリオネットというと、年齢的にBOOWYの曲がまず頭に浮かぶんですが、それが操り人形の事だとは知りませんでした。カレル橋の上ではマリオネットが楽器を演奏するパフォーマンスがありました。ガンガン、バイオリン弾いてました。


これもマリオネット屋さんのファサード。これらの人形、すべて手作りだそうです。店の前に立ってるのは、客引きやないです。マリオネットです。お店の看板マスコットにマリオネット提案するのもいいかなとふと思いました。


日も暮れてきまして、バーがいい雰囲気になってます。全体的にプラハのレストランやカフェのお店の中は電球色で暗めです。しかし、すごく落ち着くいい雰囲気がありました。日本人は、蛍光灯の光輝く下にある食事を好みますが、飯食うのもそんなに明るくする必要ないんやないですか。美味しいもんは美味しいもん。


ここはお昼ご飯を食べたレストランのファサードです。中庭に木が立っていて、昼間は木漏れ日のもと食べる食事は最高です。2階テラスのようなスペースもいい感じです。


カレル橋の下に切符売り場みたいな立ち飲み屋がありました。おっちゃんがお酒を提供するだけのスペースです。廻りにおじさんたちが群がり、立ち飲みながら会話を楽しんでいました。日本にはないい絵でした。

もっともっと多くのお店のファサードを撮影しました。いいものをどんどん吸収していきたいと思います。  


Posted by Masakatsu Nishitani at 06:07Comments(2)

2012年04月18日

聖ヴィート大聖堂の光

僕は、ステンドグラスを自主設計制作している数少ない建築士です。図面書く時間も必要なのに、効率の悪いことをしています。しかし、その美しさをもっと知ってほしい!という想いがあります。


さて、宿主のロンおじさんから、街で一番綺麗なステンドグラスを見れる場所を尋ねますと、プラハ城内にある聖ヴィート教会と答えてくれました。このロンおじさん、一聞くと百返ってくるので、その後、延々と歴史や背景の説明をしてくれました。なかなか外に出れません。この教会は、初日に夜景を撮影したところで、晴れた日に再度見に行くことにしました。拝観料¥1000ちょっとです。中に入ると、すっげー高いアーチ型天井が見えます。やっぱり教会はどこもこうです。上の方に何か神様の気配を感じるような造りです。


一区画のステンドグラスにそれぞれ独特なデザイン、色合いがあります。ステンドグラスが語る物語もそれぞれ違います。もともとステンドグラスは、字の読めない信者が、イエス・キリストの生涯や教えを絵によって知るために造られたものです。


この赤、紫、青の同系色でできたステンドグラス、とても綺麗です。


拡大すると、ガラスの1片がとても小さいことに驚きます。とても細かい仕事です。


これは、他のステンドグラスとはデザインの違いがあることがわかります。アールヌーヴォー様式で、アルフォンス・ミュシャという画家の作品だそうです。この聖堂は建つのに600年かかってますから、その携わった建築家ごとに様式やデザインが変わっていったそうです。このステンドグラスもそのような変化のひとつなんでしょう。


このステンドグラスのてっぺん見てください。ピラミッドに目です。フリーメーソンのシンボルです。フリーメーソンの始まりは石工職人ですよね。こっちでこんなスケールの大きな石造建築に、精密な彫刻技術を見てると、石工職人がいかに重要で尊敬される仕事であったか、それによって力をつけていったことがわかるような気がします。


キリスト教信者ではないので、何の物語がさっぱりわかりませんが、これだけのものをどれだけの時間をかけて造らないかんかということはよくわかります。


高いところから教会内部に神々しい光が差してきます。そういう風に造られたんでしょう。


とてもいいインスピレーションがもらえたような気がします。

  


Posted by Masakatsu Nishitani at 17:56Comments(0)

2012年04月17日

旧市街へ


この日は旧市街を歩いてみることにしました。旧市街に近づくと現れたのが市民会館。日本にある市民会館とは訳が違います。1階はレストランで、中はコンサートホールになっています。中の写真見ましたがすごいです。建物はアールヌーヴォーの様式でてっぺんのドーム下のアーチに素晴らしいモザイク画が施されています。アーチにはチェコ語で、「プラハ、汝に成功あれ!時に挑み、悪に挑め。さすれば、すべての動乱に耐えうるであろう!」みたいな感じのことが書かれています。カッコいい!動乱の歴史を経てきたプラハにぴったりの言葉です。市民会館の隣には旧市街に入るゴシック様式の塔が建っています。どす黒くてすごい迫力です。


旧市街は昔の面影のある狭い路地が多く、普通に地図を持っていっても迷います。僕の場合、先輩から頂いたiPadでGoogle Mapを駆使。いやらしい感じですが、確実な道を歩んで行きました。迷って迷って偶然素敵なお店に出会うような方が旅としてはいいんでしょうが。路地を抜けると広場の天文時計とティーン教会が見えてきます。天文時計では毎時間に塔の上で時間を知らせるトランペットがあるので見ていけ、と地元の人に言われたが、塔が高くてトランペットの音が小さくちょっと残念な感じです。


広場は月曜日にも関わらずすごい賑わいです。オープンカフェが軒を連ねています。まだ、肌寒いのでクリアボードの仕切りがあって、中では暖房炊いてます。長袖のTシャツの上に長袖シャツ着てましたが、雨も降ってたせいか、凍えそうになりました。よう見たら、みんなコートやジャケット羽織ってます。僕は路地裏の小さなカフェに行きたい派なので、ここはスルー。


どこを見ても人、人、人。ツアー観光客も多かったです。イタリアの高校の修学旅行に来てる生徒が多く、修学旅行にプラハて、どんだけ羨ましいねん!俺なんか信州!いや、信州も楽しかったです。しかし、このプラハでは観光客目当てのスリが多いらしいです。僕も財布にチェーンをつけてしっかりガード。襲ってきたら返り討ちにしてくれるわ。日本人なめんなよ!でも、ロンさんによると、スられても何も感じないくらいのスキルがあるそうです。要注意です。あまり人混みが好きではないので、路地裏に逃げることにしました。


路地裏に入ると、教会がひっそりと佇んでいました。Chapel of Our Lady of the Snows です。Our Ladyって聖母マリア様のことなんですね。あまり人がいません。この方がお出迎えしてくれました。誰ですか?12使徒?教会の正面には、素晴らしいマリア様のモザイク画があります。教会の中へ入ることにしました。すると...


言葉を失いました。ものすごく高いアーチ状の天井に精巧な彫刻装飾の数々。本当にここに神様がいそうな、天使が降りてきそうな雰囲気を醸し出しています。昔の人々は教会を中心に街を造りだしていたといいますが、数世紀にわたって、石を積んで、削って、装飾を施して、この教会を造っていく。それだけこの建築物に対する人々の思い入れが大きいのがよくわかります。教会の中では、数名の方が祈りを捧げています。その横でおじいちゃんがお掃除をしてはりました。写真撮影は神聖な場所なので禁止です。Flickrから写真を拝借しました。ここは本当に衝撃的でした。教会を出ようとすると、さっきのイタリアの修学旅行生の人並みが押し寄せ、外に出れません。先にここ見といてよかった... しかし、イタリア人の高校生って大人っぽい。


路地裏のカフェで昼食をとることにしました。"ボヘミア・ベーグル"というお店です。このお店もアーチ天井ですね。天井高が低いので落ち着きます。メニューが英語でホッとしました。「ベーグル&プレーン」を注文しますと、「何の?」と言われたので、「何?」と言い合いになり、最後までメニュー言うてなかったみたいです。「プレーングリーンチーズ!」と言うと鼻で笑われ、ちょっとショックでした。油断してました。plainの意味ようわかってないんです。無味、無添加、無地、たんぱくなとかそういう意味でしたね。


最近、僕のメンターになってもらった食品衛生の専門家の方にベーグルの話を聞いていたので、今まで食べたことなかったんですが、挑戦してみました。ベーグルが似合わない人種なのはわかっています。あっさりして美味しい。もひとつ一緒に頼んだ、本日のスープが最高!人参の入ったチキンスープみたいなの。これとベーグルを一緒に食べると最高です。今回も適当に頼んだ注文が大成功。満足して帰路につきました。

宿に着いて、ヨーロッパの建築家やアールヌーヴォーの復習してたらいつの間にか寝てました。  


Posted by Masakatsu Nishitani at 16:58Comments(4)

2012年04月16日

プラハの夜


プラハ城を目指して、坂をのぼっていきます。ここは日本でいうところの参道的なところでしょうか。バーやレストランが軒を連ねています。ロンおじさんによると、夜のお城周辺は人気が少なくなるが、ライトアップされてすごく綺麗だそうです。そうなるとカップルがちらほら目につきます。恋人たちの街角やん。こんなロマンチックなところでデートしてはって、めっちゃ羨ましいです。


城のある丘の中腹からはこんな夜景が見られます。坂の途中のギターの弾き語りのおっちゃんがめっちゃ似合うところです。また切ないバラード歌ってます。恋人たちの街角やん。


お城に到着して建物をくぐっていくとドーンッ!聖ヴィート教会がお城の中に建ってます。ゴシック様式の複雑な装飾がライトアップされてとても綺麗です。しかし、これを造るのにどれだけの時間を費やすのか。自分でこの細かい彫刻を石に施すと... なんて考えてみても想像もつきません。

実際、この教会は1300年代に工事着手から完成までに600年かかってるそうです。戦争や資金不足でかなり未完成の状態が続いていた時期もあったそうなんですが。もちろん、この600年の間に何人もの建築家がこの工事に携わっています。その中でも、特にこの精巧な彫刻に関わっていた建築家兼彫刻家ペトル・パルレーシュは、当時弱冠23歳でここの工事を任されていたそうです。どんな23歳やねん。自分が23歳の頃を思い返すと失笑してしまいます。


お城のある丘を下ってカレル橋を渡りそこからお城を望みますとこんなん出ました。ディズニーランドのエレクトリカルパレード言うてる場合ちゃいます。この丘全体のライトアップには、チェコ国民の誇りと歴史が感じられます。しかし、カレル橋の上では夜になっても観光客が絶えず、撮影スポットの奪い合いがあります。闘いです。ちなみにこのカレル橋も前述のパルレーシュさんのプロジェクトだったそうです。23歳やで、しかし。


週末なので、バーにひとり乗り込んで地元の人とコミュニケーションとろうと意気込んでいたんですが、日本でもひとりでお店によう入りませんので、できるわけもなく、帰ることにしました。しかし、お腹が空いたので街外れの小さなレストランで夕食をとることに。毎回すごい勇気が必要です。チェコ語がわからないので、店員さんに最初はすごい顔をされます。ようわからんので適当にブシュシュシュシュスシュカみたいな発音の料理を注文しました。ちょっとしたギャンブルです。でも、これを食べたいという想いが伝わった時の店員さんの笑顔には惚れてまいそうなります。するとでっかい焼き鳥みたいなのと、丸天みたいなのがでてきました。これはポテトの平揚げみたいなもんです。今回は大成功でした。めちゃ美味しかったです。  


Posted by Masakatsu Nishitani at 12:27Comments(4)

2012年04月15日

プラハ到着

これからは"地中海系建築士の南欧奮闘記"というサブタイトルでやっていきます。"放浪記"にする予定だったのですが、今回の場合、のんびり旅行してる意味合いはありません。何か身につけて必死に食らいついていかなあかん様相を呈しているので"奮闘記"にしました。福岡の先輩ライターにアイディア頂戴しました。

さて、期待と不安の中でいよいよヨーロッパへ渡ることになりました。スタートは東欧、チェコ共和国のプラハからです。関空からチェコまでの大韓航空でのフライトでは、横に帰路途中にあったチェコ人の女の子が座っていました。特に会話も弾まず、KDDIの創業者、稲盛和夫氏著の"生き方"という本を読破、もう一度、人間として一番大切なことを考え直しました。機内食は昼食ビビンバの夜食プルコギ。僕は好きです。それから「ドラゴン・タトゥーの女」「顔のないスパイ」「戦火の馬」と3本の映画を見ているうちに到着。あっと言う間に到着するもんやから心の準備もできず焦りました。


空港に到着して荷物を受け取りました。ちなみに今回、80L大容量のマックパック(ニュージーランド製)のリュックを購入していたのですが、出発前の関空でキャスター用の取手がぶった切れました。買ったばっかりやのになんでまた出発寸前に。縁起悪い。前途多難な旅を暗示するかのように...

とにかくまずは両替。チェコ通貨はコルナといいまして、1コルナ4.3円ほどでした(2012年4月現在)。それからvodafoneショップを発見、iPadに使用するSIMカードを購入。これを使用しますと、現地のキャリア(softbank,docomo,auのような)の通信を利用してインターネットができるんです。日本のsoftbankで海外パケットし放題を利用すると1日¥1980。今回のようにプリペイド式で600MB¥860くらいのSIMカードを購入しますと1週間くらいは使用できる言うことなんで、1日¥120くらいになり、ずいぶん安くなります。

国を移るたびにこの作業をしなくてはいけない面倒臭さはあるんですが、そのコストメリットは大です。ちなみにこれをする為には、使ってるiPadがSIMロックフリーのものでないとあきません。SIMカードを出し入れするトレイが付いています。


到着当日だけ、日本からホテルを予約してました。ホテルまではバスと路面電車を乗り継いで行けと言われました。結構な距離があったんですが、これだと¥135程度。安っ!タクシーだと¥3000くらいだとか。しかし、チェコ語の停車アナウンスなんで、路線図を見ながらドキドキしながらなんとかホテルに到着。路面電車に自動切符切りみたいなんがあったらしいんですが、それを知らずに何もせんと普通に降りました。乗り方がわかればプラハ市内の移動は路面電車が便利そうです。


ホテルでは"HOSTELWORLD.com"というサイトで、翌日からの安宿を探しました。ゲストハウスという部屋を間貸ししてくれるところがありまして、"Ron's Rainbow Guest House"というところに決めました。その名のとおり、ロンさんという方が経営者でサイトでご本人の写真の笑顔を見て決めました。共同部屋でもよかったんですが、ちょっとPCで集中して作業をしたかったので、個人部屋を予約。1泊¥3000ちょっとです。出迎えてくれたロンさんはめっちゃええ人で、地元人しか知らない名所、特に建築の勉強をということを伝えますと地図に建築の見所をマークしてくれ、その背景や歴史まで細かく説明してくれました。


ロンさんの説明をもとに、この日は夜景を見たかったので、夕方から街のシンボルであるプラハ城を目指しました。歩き始めるとドンッといきなり立派な教会が現れました。でっけぇ!プラハはその昔、神聖ローマ帝国の首都であった街です。世界大戦の戦火を免れ、ゴシック建築を中心に、ロマネスク、ルネサンス、アールヌーヴォー様式が入り混じった、街自体が建築の博物館みたいなもんです。築数百年の建物が平気で残っています。今まで建築様式の違いなど一個もわかってませんでしたが、ここへ来るとよく理解できるようになります。

古い建物が結構どす黒くなっているのでロンさんに訳を尋ねますと、その昔は薪や石炭を燃やしていたので、その煙ですごい空気汚染があったそうで。その影響で黒くなっているそうです。それはそれで、荘厳な感じがして僕としてはよかったんですが。


街を歩いてしばらくするとカレル橋とプラハ城が見えてきました。お城はかつてのボヘミア国王や神聖ローマ皇帝の居城であり、世界で最も古く大きい城のひとつだそうです。だんだんと薄暗くなってきました...  


Posted by Masakatsu Nishitani at 19:17Comments(2)

2012年04月15日

日本を発つ前にしておかなければならないこと。

日本を発つ前にしておかなければならないこと。それは日本が世界に誇るお好み焼を食べておくことです。しばらく食べられないという気持ちもありましたし、おばちゃんへの挨拶も兼ねて神戸市は星陵台にあります"イヅミー"を訪ねました。


星陵台のバス停を降りて、坂を少し上ると公園ごしにイズミーが見えてきました。高校でラグビーを始めた頃からずっと通っているお店。僕の身体はここのお好み焼によって形成されたといっても過言ではありません。


お店の扉をガラガラ~と開けるとおばちゃんが元気に迎えてくれます。最近はお店を5時くらいにはもう閉めるみたいで、無理を言ってちょっと待っててもらいました。これから海外に行くにあたって色々アドバイスもらいました。


たこぶた大と焼き飯を注文しました。明石の蛸をふんだんに使ったお好み焼きです。いつものように月見卵を落としてもらいます。しかし、この店にいると偶然にも誰かしら来ます。


高校のラグビー部のひとつ上の先輩が来られました。ひさしぶりでびっくり。おばちゃんも含め記念撮影。


そして、みんなで店じまい。先輩ご馳走さまでしたー。おばちゃん、頑張ってくるわー。お土産楽しみにしててなー!





  


Posted by Masakatsu Nishitani at 01:07Comments(4)

2012年04月12日

So long, Au revoir...


明日、遂に日本を発つことになりました。南ヨーロッパに行きます。チェコからオーストリアを経由して、ギリシャへ。そこから地中海沿岸を北へモンテネグロ、クロアチア、イタリアに入って再び南下、シシリア島からマルタへ、またイタリアへ北上して、今度は西へプランス、スペインへと渡ります。旅行ではなく、現地の設計事務所への就職活動をおこないます。しばらく定住したいと考えています。

これから建築を続けていくひとつの過程として、商業建築やリゾート建築、また観光産業を学びたいと思いました。地中海沿岸の国々にはローマ帝国からの建築も残っています。世界中からその地に魅了されて人々が集まってきます。その理由を見てみたいんです。人をワクワクさせる非現実的空間がそこにはあると思います。もちろん環境や立地条件によるところが大きいとは思うんですが、それをどうやって生かしているのか、どのように見せているのか、どうやって人を惹きつけるのか、それを学びたい。建築デザインのみならず、都市計画や観光産業も含めた形で勉強をしてきます。

勉強のためには、しっかり土地に根付いて、本質が見えて自分の身体に染み付くところまでやりたい。逆に遠い日本から来た建築士として、自分ができることをやりたい。例えば、日本の伝統的なデザインや最新の建築技術の導入や紹介ができればと考えています。日本にはこんなええとこがあるんやぞ、どやっ!的な。ちなみに南欧の建物を日本に持ち帰って建てる気はありません。僕は日本には日本の家が一番合うと思ってます。見せ方、やり方を吸収したいんです。

ヨーロッパも経済危機で、今、行くべきところではないという意見も多く頂きました。でも、昔っからずっと望んでたことですし、もう気持ちが止まりません。自分としてもここを乗り越えれば、世界中どこにいっても建築ができるという自信にもなると思います。

要は、世界のどこへ行っても建築ができるようになりたいんです。それは、大手ゼネコンや有名建築家の専売特許ではありません。個人レベルでもできると思ってます。試練を乗り越えて、強くなって帰ってきたいと思います。

So long, Au revoir, See you when the clouds come home.

今後のブログでは南欧放浪記をお伝えします。  


Posted by Masakatsu Nishitani at 00:09Comments(4)

2012年04月07日

庭と障子と私


障子って、建具ですが日本らしい工芸品や思ってます。内部と外部を可変的に柔らかく仕切る。直射日光を遮り、光をやわらかくする。貼られている和紙は繊維質なので、光を拡散する効果もある。薄暗い和室空間に障子から部屋全体に光が広がる雰囲気は何とも言えません。


また、障子の格子組みは整然とした幾何学模様で、とても日本らしい、質素で気品のある雰囲気をつくっています。障子を開けたとき、そこから見えるお庭と障子とのコントラストは感動的です。こういった昔の日本人がつくり出してきた独特の感性、しっかり吸収したいと思っています。


もともと体育会系な僕が、建築をやりたいと思ったきっかけは著名な建築家の作品ではありません。昔の人がつくった町屋や古民家です。それから時間ができては、そういった古い町並みや小京都と言われるところを見て回りました。これから日本を出ますが、最後の1~2ヶ月で京都をしっかり見れたというのは、自分にとってすごくよかったです。和のエッセンスというものを垣間見れたように思いますし、あらためて自分が造りたいものを再認識できました。これらから得た感覚は一生忘れることがないと思います。

そしたらなんで日本におって、地に足を据えて勉強せーへんねんって言われそうですが、僕には僕にしかできないやり方を模索しています。自分の好奇心やほんまにやりたいことを純粋に追い求めています。  


Posted by Masakatsu Nishitani at 18:30Comments(0)

2012年04月06日

日本の観光をやばくしてはる。

建築といっても色々なジャンルがあります。建築士としてどの方向に向かっていけばいいのか、考えています。今は、将来的に商業建築やリゾート建築を観光をふまえた形でやっていきたいと考えています。

そこで勉強として、京都嵐山にある"星のや 京都"という旅館を訪ねました。ここを経営してはる星野グループさんの"日本の観光をやばくする"というミッションにすごく賛同しています。海外から来た方に日本の名所を紹介するとき、日本にはまだまだこんないい所があるんやで。どや!っていう時。そういう時に自分の中では日本が誇らしくなって、すごく幸せな気分にもなるんです。星野グループさんはそういうのを実践してはります。


"星のや 京都"へ行くには、渡月橋近くの船渡し場から小船に乗っていかなあきません。旅館は川を少し上った川岸にあります。この小船に乗って川を上る瞬間がわくわくするんです。川を上ると期待に違わぬ老舗旅館が見えて来ます。岸では旅館の方々がお出迎え。なんて粋なんや。 


ここはもともとあった老舗旅館を星野グループさんが再生してはります。基本的には和の伝統的な建築があり、そこに近代的なデザインが加わり、うまいことそれらが融合してました。


お部屋はすべて渓流に面してつくられており、季節によって櫻や紅葉が見られるとのこと。ちょっと時期的には葉がついていなかったのですが、夜は木々がライトアップされ、その枝ぶりが見えるだけでも十分雰囲気がありました。窓辺には一段上がりのソファベッドスペースがあり、窓から入ってきた光が心地良かったり、川の流れる音を聞けたりとちょっと居眠りを誘う空間、とても好きです。


苔山の上にステンドグラスのオブジェがありました。苔とステンドグラスって合うもんです。こういう見せ方もあるんだなとびっくりしました。

海外からの観光客の方もちらほらいらっしゃって、この旅館の雰囲気を見てすごく感動してる様子でした。自分が造ったものではないんですが、すごく嬉しかったです。自分でもこういう空間を造ってみたい!と意欲が沸いてきました。とても勉強になりました。  


Posted by Masakatsu Nishitani at 18:30Comments(2)

2012年04月05日

枯山水作庭現場


いくら日本庭園が好きだと言ってみても、実際つくられている現場をみないと設計などできません。ということで、私の作庭の師匠、あいランドスケープさんにお願いして現場を見て勉強させてもらってます。今回のお庭はある住宅のお庭を枯山水にする工事です。もともとあったお庭の石や植栽を生かしておこなったそうです。奥に須弥山に見立てた石を配し、手前につくばいが設置され、枯山水を表現されています。


つくばいまでの飛石です。石と石の芯は平行に、踏み出して歩く歩幅にちょうど合うように設置されています。写真下の長い飛石のひとつ上、丸く線模様と穴が開いている飛石。これは石臼の豆などを挽く部分が再利用されてます。現代の工事では、ユンボなどの重機によって巨石の移動がおこなわれますが、昔の人はどうしてたんでしょうね?という話をしていました。馬に運ばせていたのではとのことです。


お庭の裏に回りますと、竹垣の製作中でした。小さいスペースをコの字に囲んでいます。ここには灯籠とモミジなどの植栽があり、苔敷きになるそうです。これが何になるかと言いますと...


お家の玄関を開けたときに、中からこういう風に見えます。額縁庭園です。モミジに葉がつくと灯籠にかかってくるでしょう。そして、灯籠にろうそくを灯すと、なんて考えるととても楽しみです。


建物全面のアプローチ部分には、両側にモミジが移植されました。ここは秋になると真っ赤な紅葉がこのアプローチを包むようになるでしょう。作庭設計の師、あいランドスケープの深見さんは、一度、平面図である程度石や植栽の配置を決めておいて、それらを実際に配置してみてから微調整をおこなうそうです。微調整といっても大変な作業です。

京都で日本庭園を見て回りましたが、こうやって実際に作られているところを見学できたことはとても勉強になりました。日本庭園の心を胸に海外に出ようと思います。最後には作庭バイブルまで頂きまして、嬉しい限りです。持っていきます。ありがとうございました。  


Posted by Masakatsu Nishitani at 02:09Comments(0)

2012年04月03日

苔寺にキターッ!


京都の世界遺産のひとつである西芳寺、別名苔寺を訪れました。この1〜2ヶ月、京都の日本庭園を回って徹底的に勉強してきました。日本人として日本庭園の勉強をしっかりしてから海外に出たかったからです。西芳寺も事前に見学が必要です。お庭を見る前にお経を唱え、写経をおこなわなあきません。庭園見学言うのみという訳にはいかんのです。お経、初めて読みました。般若波羅蜜多…の意味を隣の外国人に訪ねられましたが、答えられませんでした。無念です。


お寺の伝えによると、西芳寺は聖徳太子の別荘で、行基がそれをお寺にし、夢窓疎石というお坊さんが作庭したと言われています。庭園は枯山水と池泉回遊式庭園からなり、お庭が苔に覆われているため苔寺と呼ばれています。その苔の数、120種類だとか。苔は繊細な植物なので、維持するのはとても大変でしょう。かなり努力されているんだと思います。


時期的には梅雨時期になるともっと青々としてくるのですが。見学は外国人の方が半分くらいとすごく多かったです。


これが池泉回遊式庭園の象徴的なところです。静かで荘厳な雰囲気がそこにはありました。アップルの創業者、スティーブ・ジョブズ氏もよくここを訪れていたらしいですよ。


ほんとは梅雨時期なんかに行くとこんなに綺麗なんです。

これで京都の日本庭園はほとんど自分の目で見ることができました。とりあえず苔寺を最後にして、日本の心を胸に海外に出て行こうと思います。  


Posted by Masakatsu Nishitani at 01:55Comments(0)