2015年10月01日

茶室訪問 Visit tea house


先日、甘木市にて設計補助をおこないました安長寺茶室を訪問しました。こちらの境内の楠の木の素晴らしいこと。
Recently visited a tea house assisting with its design, of Anchoji, the temple in Amagi, Fukuoka. The 1100 years old campher tree behind the temple is incredibly beautiful.


茶室の門です。外壁の木は銀白化して味がでてきています。
Gate of the tea house. The color of wood has been turning to silver gray. The more years passed, the more beautiful wood becomes.


庭の苔も生えて、自然な和の庭園となっていました。
The more moss grows, the more natural and beautiful the Japanese garden is.


茶室の六帖・八帖間です。まだ木と畳の上品な香りがしていました。こちらは空気層を断熱層とした壁でしたが、夏・冬ともエアコンの効きも良かったそうで、施主さんもその効果に満足されているとのことです。
Rooms for tea ceremony. It still smells of wood and grass from Tatami floor. We introduced the new insulation system using air to this house, as a result, the client said the air conditioners works effectively.


すべて点検が終わったあと、お抹茶を頂きました。お庭を見ながら至福のときを過ごしました。このような空間を生み出す数寄屋建築、更に深く学んでいきたいと思います。
After the inspection, the client seved me the green tee. Having green tea, seeing garden is the great moment. Great space design in Sukiya way, got to keep learning more deeply.






Posted by Masakatsu Nishitani at 16:56│Comments(0)
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。