2015年05月14日

地固める Soil improvement


現在、糟屋郡須惠町にて木造住宅”須惠の小屋”プロジェクト進行中です。こちらの土地は、地盤調査の結果、軟弱な地盤があることが判明し、地盤補強をする必要性がでました。地盤の強度や予算、環境への配慮によって、様々な工法から適したものを決めていくわけです。しかし、お施主様には痛い出費となりましたが、工事費用を再検討し、なんとか捻出することができました。
Now under construction of wooden house at Sue-machi, Kasuya-gun. As a result of the soil survey, it proved that the soil required improvement. There're some methods of soil improvement, and what we choose is depending on soil strength, budget, and eco-friendly or not. Its cost is big burden for clients, but we reconsidered the whole budget, worked hard for the cost reduction and somehow scrounged the cost for the improvement.


今回選んだ工法はD・BOX工法といいます。セメント系固化剤を使用することなく、地盤補強と振動低減効果を同時に実現する工法です。この袋の中には土粒子が詰め込まれています。この袋を掘削した穴に敷き詰めていきます。
We chose one of the methods called D-BOX which provides both soil improvement and vibration reducing effect. The bag is filled with soil particles and burying the bags into the soil.


地盤補強が無事完了し、基礎の配筋工事へと進んでいきました。
After the completion of the soil improvement, the construction went to the foundation work of the house.


基礎工事完了です。次は棟上へと進みます。
Completion of work, then going to frameworks.






Posted by Masakatsu Nishitani at 13:10│Comments(0)
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。